ここから本文です。

更新日:2013年4月2日

創成東流雪溝

創成東流雪溝位置図 

創成東流雪溝は、東区栄西地区を対象に整備された施設で、この地区は道路幅が狭く、地域住民参加の除排雪が行われることにより、快適で活力あふれる地域社会の形成、冬期交通の安全性の確保に貢献しています。水源は創成川水再生プラザの処理水を送水しますが、創成川融雪管との循環利用をしています。  


流雪溝概要図

創成東流雪溝の写真 


施設の概要

流雪溝本体
事業 道路事業(雪寒地域道路事業)
供用開始 平成9年12月
道路延長 約3,090m
流雪溝延長 約6,180m(3,090m×2系統)
位置 札幌市東区栄西地区〔一般道道丘珠空港線、
真駒内篠路線、幌北線〕
流雪溝断面 H800mm×W600mm
放流先 創成川融雪管(貯留管)
送水施設
事業 下水道事業(積雪対策下水道事業)
水源 下水処理水(創成川水再生プラザ)
送水管 φ600mm~3,400m
送水ポンプ φ300mm×2台
送水量 0.17m3/秒×2系統

このページについてのお問い合わせ

札幌市建設局雪対策室計画課

〒060-8611 札幌市中央区北1条西2丁目 札幌市役所本庁舎8階

電話番号:011-211-2682

ファクス番号:011-218-5141