ホーム > 観光・産業・ビジネス > 建築・測量・道路 > 道路 > 屋外広告物 > 屋外広告物の制度改正に伴う経過措置の終了について

ここから本文です。

更新日:2020年1月30日

屋外広告物の制度改正に伴う経過措置の終了について

屋外広告物のさらなる安全性の向上を図る目的から、「札幌市屋外広告物条例」と「札幌市屋外広告物条例施行規則」を一部改正し、平成31年4月1日より施行されております。(改正内容についてはこちらをご覧ください。

改正内容のうち、以下の2点については経過措置として従来の取扱いをすることが可能ですが、当該措置期間は令和2年3月31日に終了し、翌4月1日から新制度に完全移行します。なお有資格の管理者、点検者の資格の一つである屋外広告物点検技能講習が令和2年2月28日に開催予定となっております。詳細は本ページ下部をご確認ください。

本市に屋外広告物の許可申請の届出をされている方は、今一度改正内容をご確認いただき、新制度にスムーズに移行できるよう、ご準備いただきますようお願いいたします。

経過措置期間中の改正内容

1.1基10平方メートルを超える大型の広告物には、許可期間に関わらず有資格の管理者の設置が義務付けられました。

1基10平方メートルを超える大きさの屋外広告物について、従来は「許可の期間が1年以内の場合は、資格のない管理者でも可」としていた特例を廃止しました。

なお、1基10平方メートル以下の広告物については、従来どおり、有資格の管理者は不要です。

2.資格を持つ点検者による点検が義務付けられ、点検報告書への添付書類が増えました。

管理者を要する広告物について、継続許可申請等の際に、点検者による点検が義務付けられました。また、点検報告書提出の際には、点検箇所の写真と、点検者の資格を証明する書面の写しが必要になりました。

 有資格の管理者及び点検者となるために必要な資格

1.屋外広告士

2.広告美術仕上げ1級合格者
3.屋外広告物講習会(※1)修了者かつ1・2級建築士
4.屋外広告物講習会(※1)修了者かつ特殊電気工事資格者(ネオン工事)

5.屋外広告物講習会(※1)修了者かつ第1~3種電気主任技術者免状取得者

6.屋外広告物講習会(※1)修了者かつ屋外広告物点検技能講習(※2)修了者

注1)管理者が点検者の資格を満たしている場合は、同一人が両方を兼ねることも可能です。

注2)管理者は法人特例の規定があり、法人が管理者となる場合に限り、3~6の資格については、講習会修了者とその他資格の保有者がそれぞれ在籍している法人も有資格管理者となることができます。なお、点検者にはこの規定は適用されません

※1)本市では、毎年2月下旬から3月上旬頃に開催いたします。開催日程等が決まりましたら、本ホームページでお知らせいたします。

※2)屋外広告業の事業者団体が公益目的事業として実施する広告物の点検に関する技能講習です。当該講習については、札幌市内の会場で令和2年2月28日に開催されます(申込み期間は終了しました)。なお、本講習についてのお問い合わせは、一般社団法人日本屋外広告業団体連合会へお願いいたします。札幌市では本講習の内容については回答できませんので、ご注意ください。

屋外広告物点検技能講習の開催案内(PDF:187KB)

講習に関する問い合わせ先

一般社団法人日本屋外広告業団体連合会(日広連)

TEL 03-3626-2231

日広連HP(屋外広告物点検技能講習のページ)

http://www.nikkoren.or.jp/katsudo/tenken-koshu.html(外部サイトへのリンクです)

申込や詳細等は上記ページにてご確認ください。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ

札幌市建設局総務部道路管理課

〒060-8611 札幌市中央区北1条西2丁目 札幌市役所本庁舎6階

電話番号:011-211-2452

ファクス番号:011-218-5134