ホーム > 観光・産業・ビジネス > 企業への支援 > 製造業への支援 > 製造業省エネ・カーボンニュートラル促進診断費補助金(公募中!)

ここから本文です。

更新日:2023年9月8日

製造業省エネ・カーボンニュートラル促進診断費補助金(公募中!)

事業の概要

札幌市では、製造業の工場等におけるエネルギー使用状況を把握し、運用改善や設備投資の提案等に要する診断費用の一部を補助する「製造業省エネ・カーボンニュートラル促進診断費補助金」を公募しています。

 

補助金申請受付の専用サイトはこちら(外部サイトにつながります)https://sapporocity-seizougyoushien.jp/diagnostic-cost/

 

公募チラシ(PDF:1,030KB)

チラシ(製造業省エネルギー促進診断費補助金)

補助対象者

製造業を営む札幌市内に本社及び製造拠点を有する中小企業者等

補助対象事業

札幌市内の製造拠点において、エネルギー使用状況を把握し、設備の運用改善や設備投資の提案等について専門家による診断を受ける事業であること(以下1~3全ての内容を満たし、補助対象者自らが使用する設備の診断であること)。

1.エネルギー消費量の現状把握

補助対象者が使用する施設全体、及び電気・ガス・油等のエネルギーを消費する特定の設備(1つ以上)に関する、現状のエネルギー消費量の算定

※現地調査を必須とする。

2.対策方法の提案 上記設備に関する省エネルギー対策方法(運用改善、設備投資など。導入コスト含む)の提案
3.削減効果の算定 上記対策により削減される、年間あたりの運用コスト(投資回収見込み期間含む)、エネルギー消費量及び二酸化炭素量の算定

※診断を行う専門家の要件
以下いずれかの資格を有し、又は省エネルギー関連の実務について10年以上の経験を有することを職務経歴書等で示せる者であり、診断を実施できる能力・知識・経験等を有すること。

技術士(電気電子部門・建設部門・衛生工学部門)、エネルギー管理士、建築士(1級)、建築設備士、ガス主任技術者(甲・乙)、電気工事士、電気主任技術者、電気工事施工管理技士、ボイラー・タービン主任技術者、管工事施工管理技士、配電制御システム検査技士、エネルギー診断プロフェッショナル、エネルギー診断プロフェッショナル(ビル実践)、ビル省エネ診断技術者、EMS審査員


補助対象経費

補助事業の実施にあたり診断事業者に支出した経費であり市長が必要かつ適当と認めるもの

補助対象事業の実施期間

交付決定日から令和6年2月26日まで

補助上限額・補助率等

補助上限額:50万円

補助率:10分の9

予算額:500万円

公募スケジュール

令和5年9月8日から12月22日まで

※先着順で交付決定し、予算に達し次第、募集を終了します。

公募要領・交付要綱

公募要領(製造業省エネ・カーボンニュートラル促進診断費補助金)(PDF:525KB)

交付要綱(製造業省エネ・カーボンニュートラル促進診断費補助金)(PDF:276KB)

注意事項

補助対象事業の実施期間内に発注し、報告・支払までを完了する必要があります。
 令和6年2月26日までに完了できない場合は、補助金を交付することができません。

国や自治体が行う各種エネルギー診断との併用はできません。

お問い合わせ先

製造業省エネ・カーボンニュートラル促進支援事業事務局

電話:050-3666-8508

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。