ここから本文です。

更新日:2019年7月18日

「さっぽろとれたてっこ」制度

さっぽろとれたてっこ制度について

 さっぽろとれたてっこ制度は、札幌の農業者が生産する農産物を対象とした産地表示制度で、地域ブランドを目指すものです。

‘さっぽろとれたてっこ’のマーク(下図)(以下、「マーク」といいます。)の表示を行い、札幌の農産物を広く消費者に知っていただき、販売を促進することで、地産地消の拡大につなげます。

また、‘さっぽろとれたてっこ’の生産者は、環境に配慮し、安全・安心の向上に努めます。

※取組目標:「3ヵ年以内毎の土壌診断」と「生産履歴に基づく、肥培管理と防除管理」

 

とれたてっこマーク

制度の仕組み

  •  札幌市内の生産者もしくは札幌市内で農産物を生産している生産者が、申込により、マークを表示できます。
  •  札幌市農業振興協議会が運営します。

  ※協議会の構成団体・・・札幌市農業協同組合、サツラク農業協同組合、北海道石狩振興局

 石狩農業改良普及センター、公益社団法人札幌消費者協会、札幌市経済観光局農政部 

  • 札幌市農業振興協議会は、生産者からのマークの表示申込書について、内容を確認し、受理します。

 

とれたてっこ制度の仕組

 

マーク表示を検討されている生産者の皆様へ

マークを使用したい場合は、札幌市農業振興協議会に申込書(下記様式)を出すことで、マークを表示して宣伝・販売することができます。(マークデータの貸与)

「さっぽろとれたてっこ」表示申込書(PDF:55KB)

なお、不明な点があれば事務局にお問い合わせください。

札幌市農業振興協議会事務局:札幌市農業支援センター 電話:787-2220

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ

札幌市経済観光局農政部農業支援センター

〒007-0880 札幌市東区丘珠町569番地10

電話番号:011-787-2220

ファクス番号:011-787-2221