ここから本文です。

更新日:2019年7月29日

札幌市農地利用集積円滑化事業

事業の内容

農地利用集積円滑化事業とは農地の効率的な利用に向け、その集積を促進するため、農業経営基盤強化促進法に基づき、市町村の承認を受けた者が農地の所有者から委任を受けて、代理して農地の貸付を行う事業です。

札幌市では、札幌市農業再生協議会が、農地利用集積円滑化事業を行っております。

今後5年間で、農地中間管理事業に統合されるため、令和2年度から、新たな借受及び契約更新ができなくなります。

事業の概要

円滑化事業イメージ

※注1:委任契約は貸付けの相手方を指定しないことが条件となります。

※注2:農用地等の貸付けは地域の認定農業者等へ集積することを優先して調整します。

 

(その他)

  • 札幌市農地利用集積円滑化事業においては、農地の売買、農業経営・農作業の委託を行う事業、農地の保全管理及び賃借料の精算に関する事務等は行いません。

事業の実施地域

事業実施地域は札幌市の農業振興地域です。


 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ

札幌市経済観光局農政部農政課

〒060-8611 札幌市中央区北1条西2丁目 札幌市役所本庁舎7階

電話番号:011-211-2406

ファクス番号:011-218-5132