ここから本文です。

更新日:2022年9月15日

外国人観光客受入対応に係るFAQ

よく寄せられる質問及び回答について、下記に記載しておりますのでご参照下さい。

旅行業者及び旅行サービス手配業者の皆様へ

Q-1:札幌市における新型コロナウイルス感染症への対応に関する方針等について知りたい。

A-1:対応方針及び相談先等については、札幌市HP「新型コロナウイルス感染症について」を参考にしてください。
現在主流となっているオミクロン株は、これまでの株と比べ重症化率が低いこと等から、その特徴を踏まえた体制としております。感染防止対策に当たっては、医療体制や社会経済活動への影響等を考慮し、両立の観点でバランスをとることが求められております。
(例)
・軽症者等は、自宅療養が基本となること
・感染者と接触があったことのみを理由として出勤を含む外出を制限していないこと
・施設の清掃消毒については、特殊清掃消毒までは求められておらず、基本的な感染対策として通常行っているアルコールや次亜塩素酸ナトリウムによる清拭等で対応可能であること など

 

【参考ページ】
札幌市HP「新型コロナウイルス感染症について」
札幌市HP「家庭内の感染対策」
厚生労働省HP「B.1.1.529 系統(オミクロン株)が主流である間の当該株の特徴を踏まえた感染者の発生場所毎の濃厚接触者の特定及び行動制限並びに積極的疫学調査の実施について」

Q-2:多言語対応が可能な医療機関を知りたい。

A-2:新型コロナウイルス感染症への感染が疑われる方の受診先について、事前のご紹介等は行っておりません。
症状等をお伺いした上で医療機関の受診が必要と判断される時には、外国人の対応が可能な医療機関をご紹介いたしますので、#7119(救急安心センターさっぽろ:毎日24時間、英語・中国語・韓国語・タイ語・マレー語・ロシア語に対応)にお電話でご相談ください。
それ以外の場合の受診先については、日本政府観光局(JINTO)HP「日本を安心して旅していただくために具合が悪くなったときガイド」又は北海道庁HP「外国語の対応可能な医療機関について」に掲載されておりますので、参考にしてください。

 

【参考ページ】
日本政府観光局(JINTO)HP「日本を安心して旅していただくために具合が悪くなったときガイド」
北海道庁HP「外国語の対応可能な医療機関について」
札幌市HP「相談窓口について」

Q-3:専門的な医療通訳等に関する情報を知りたい。

A-3:外部サイト「外国人患者受け入れ情報サイト」に医療通訳派遣実施団体や電話医療通訳システム等が掲載されておりますので、参考にしてください。

 

【参考ページ】
厚生労働省補助事業(メディフォン㈱の運営)

Q-4:訪日旅行ツアー中に新型コロナウイルス感染症が疑われる有症状者が発生した場合はどうしたらよいか。

A-4:新型コロナウイルス感染症が疑われる有症状者が発生した場合には、#7119(救急安心センターさっぽろ:毎日24時間、英語・中国語・韓国語・タイ語・マレー語・ロシア語に対応)にお電話でご相談ください。
医療機関の受診が必要と判断される時には、外国人の対応が可能な医療機関をご紹介いたします。
なお、有症状者等の一時待機場所や移動手段等の確保については、旅行業者又は旅行サービス手配業者が適切にご対応ください。

 

【参考ページ】
札幌市HP「相談窓口について」

Q-5:訪日旅行ツアー中に新型コロナウイルス感染症の陽性者が発生した場合はどうしたらよいか。

A-5:新型コロナウイルス感染症の陽性者が発生した場合には、添乗員等に通訳を行っていただき、指定の宿泊療養施設での療養もしくは医療機関への入院について、保健所と調整することを想定しておりますので、0570-022-680(陽性者サポートセンター:毎日8時~21時)にお電話でご相談ください。
なお、体調が悪化し、緊急の場合には救急車を呼んでください。119番通報時には、新型コロナウイルス感染症の陽性者であることを必ずお伝えいただきますようお願いいたします。

 

【参考ページ】
札幌市HP「相談窓口について」

Q-6:陽性者が発生した場合の療養先等の調整について知りたい。

A-6:保健所が連絡を受け次第、陽性者の症状等に応じて指定の宿泊療養施設での療養もしくは医療機関への入院について調整を行い、各調整先への搬送を順次手配いたします。
訪日旅行ツアー中に参加者が陽性となった場合には、添乗員等の責任者から0570-022-680(陽性者サポートセンター:毎日8時~21時)にお電話でご相談ください。
なお、夜間など保健所が搬送等を調整できない時間帯や宿泊施設内での待機が難しい場合の対応については、「外国人観光客の受入れ対応に関するガイドライン」に従って旅行業者又は旅行サービス手配業者が適切にご対応ください。緊急時の対応について、宿泊事業者等にあらかじめ協力を依頼する等、相互の情報共有等をお願いいたします。

 

【参考ページ】
札幌市HP「相談窓口について」

Q-7:陽性者が発生した場合の濃厚接触者の特定について知りたい。

A-7:札幌市ではオミクロン株の特徴を踏まえ、必要な感染予防策(マスクの着用等)なしで長時間接触する同一世帯内の家族以外については、濃厚接触者として特定しておりません。
訪日旅行ツアーの同行者が濃厚接触者に当たるかの判断は、札幌市HP「濃厚接触者になった方へ」を参考にしてください。

 

【参考ページ】
札幌市HP「濃厚接触者になった方へ」

Q-8:陽性者が発生した場合の清掃・消毒方法について知りたい。

A-8:陽性者が使用した区画等は通常の清掃に加えて、以下の項を参考に、手指が頻回に接触する箇所を中心に消毒を行ってください。適切にマスクや手袋の着用等の感染予防策を行っていただければ、施設の消毒に従事する事業者が濃厚接触者となることはありません。

 

 

【参考ページ】
札幌市HP「家庭内の感染対策」
札幌市HP「企業等で新型コロナウイルス感染症患者が発生した時の対応について」

Q-9:ツアーの企画にあたり、日本から諸外国に戻る際の条件(必要書類等)について知りたい。

A-9:外務省HP「新型コロナウイルスに係る日本からの渡航者・日本人に対する各国・地域の入国制限措置及び入国に際しての条件・行動制限措置」に外務省が把握している、日本からの渡航者・日本人に対する各国・地域の入国制限措置や行動制限措置等について掲載されておりますので、参考にしてください。

 

【参考ページ】
外務省HP「新型コロナウイルスに係る日本からの渡航者・日本人に対する各国・地域の入国制限措置及び入国に際しての条件・行動制限措置」

 

 

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ

札幌市経済観光局観光・MICE推進部観光・MICE推進課

〒060-8611 札幌市中央区北1条西2丁目 札幌市役所本庁舎15階

電話番号:011-211-2376

ファクス番号:011-218-5129