ホーム > 観光・産業・ビジネス > 企業への支援 > 健康・医療・バイオ関連産業への支援 > サッポロ・ヘルスケアビジネス・サポートプログラム2021

ここから本文です。

更新日:2021年8月19日

サッポロ・ヘルスケアビジネス・サポートプログラム2021(募集は終了しました)

札幌市では、高齢化を背景に需要の拡大が見込まれるヘルスケアビジネスにおいて、国内ヘルスケア産業をリードする「札幌発ヘルスケアビジネス」の創出・成長を促し、「健康福祉・医療」分野における市内産業の活性化を図るため、有望なヘルスケアビジネスを募集・発掘するとともに、採択者に対して、1.細やかな調整・協力などを行うハンズオン(伴走型)支援、2.経営課題の解決や事業の推進に向けた専門家相談支援、3.市場ニーズを獲得するための支援、4.ビジネス機会拡大等支援を実施します。

募集用チラシ(PDF:858KB)

公募要領(PDF:140KB)

採択事業

事業名

事業概要

事業者

 健康経営サポートサービス 健康ディレクション事業 企業の従業員様一人一人の心身の不調の改善、健康維持を促進するために、専任スタッフが個別カウンセリング、カラダケア、健康ワークショップを行う。  株式会社CALCES
 「健康寿命延伸ブランド」としての北海道ブランド構築を目指す北海道産菊芋から始まる健康食品ヘルスケア市場の開拓  北海道産菊芋を主原料とし、日常的に取り入れやすい食品として提供することで、エビデンスをもった北海道産健康食品を取り入れる方を増やし、糖尿病や生活習慣病の予防へつなげ、「健康寿命延伸」を北海道から発信する。  一丸商店株式会社
 夢たびバーチャル旅行  国内外(計27コース)の観光地から自社の現地ガイドが、オンラインを活用し、観光案内やクイズ等を交えながら生配信で楽しい旅の時間をお届けする仮想旅行サービス。  株式会社秋吉
 人工知能を活用したデイサービス向け運動プログラム自動作成システムの開発  人工知能を活用して効果的な運動プログラムを作成できるアルゴリズムを構築し、自社システムの製品化を目指す。  株式会社ルシファ
 ベビーヨガ及びマタニティヨガの動画販売  コロナ禍で、また、核家族化がより一層進む中、不安を抱えながら出産をし、待った無しの育児が始まる女性たちの産前産後の健康をサポートしていくためのヨガ動画プログラムを作成する。  株式会社ワイズ・ワン

応募概要

対象分野

ヘルスケアビジネス
※「健康」を切り口としたヘルスケアビジネスであれば、医療、介護、食、IT、観光、ものづくりなど、業種・業態は問いません。

応募事業の条件

事業や資金の計画が具体的となっており、事業化を自ら予定あるいは進めている取組。

採択件数

5件(予定)

応募資格

本事業に応募できる事業者は、札幌市内に事業所を有する、中小企業、団体、NPO、個人事業主、創業予定者等、またはこれらの者を代表とするコンソーシアム等であり、下記1.及び2.の条件を満たす者とします。


1.市税を滞納していないこと
2.反社会勢力との関係を有していないこと

※中小企業:中小企業基本法第2条第1項に規定する中小企業者とする。
※団体:5人以上の構成員を有し、自主的かつ自発的な運営を行っている組織とする。また、定款、規約、会則等の定めにより活動を実施していること、及び原則として1年以上の活動実績があることを必要とする。
※NPO:特定非営利活動促進法に基づき法人格を取得した法人とする。
※コンソーシアム:事業を行う際に、目標達成のために、複数の企業等が連携し事業を実施する形態。

支援期間

採択者の支援期間は、支援対象者の決定通知日から2022年2月下旬までの間で、合計約8か月間を予定しています。

支援内容

(1)事務局によるハンズオン(並走型)支援

本市から委託された事務局が、採択者に寄り添いながら、経営課題の解決や市場ニーズ獲得に向けた調整・協力などを細やかに行う「ハンズオン(並走型)支援」を実施します。加えて、事務局は、下記(2)(3)の支援を総合的にマネジメントして、本サポートプログラムを効果的に運用します。

 

【事務局(札幌市委託先)】
  株式会社北海道二十一世紀総合研究所
 「サッポロ・ヘルスケアビジネス・サポートプログラム2021」事務局
 (受付時間:平日9時00分~17時00分)

(2)経営課題の解決や事業の推進に向けた専門家支援

事務局は採択者に対し、経営課題の解決や事業の推進に向けて、採択者の希望や状況に応じた専門家をマッチングするとともに、当該専門家によるアドバイス等相談料を支援します。


【専門家の事例】

  • マーケティング、販路拡大、資金調達などに詳しい経営コンサルタント
  • 弁護士、弁理士、税理士、中小企業診断士
  • 業界内の幅広いネットワークや専門的知見を有する企業経営者
  • 大学の研究者、医師、薬剤師、看護師など

【備考】

本サポートプログラムでは、月1回程度(8回分相当)の標準的なケースの相談料を事務局が原則として全額負担します。具体的には事務局にご相談ください。

(3)市場ニーズ獲得に向けた補助

採択者の製品・サービスが消費者などの市場ニーズを確実に捉えられるよう、実証・試験販売等に必要となる経費の一部を補助します。補助金は、採択者が札幌市に対して申請し、支援期間終了後の審査を経たうえ、札幌市から採択者へ交付されます。

補助の内容

補助金額 50万円以内
補助率 対象経費の2分の1
対象経費

製品・サービスの実証・試験販売等にかかる経費、またはクラウドファンディング利用手数料

【留意事項】

  • 機器購入費は、単価25万円未満のものを対象とします。
  • パソコン、プリンタ、コンピュータ周辺機器、デジタルカメラ等の汎用物品、他の用途に併用できる特定用途向けの物品は、原則として補助対象外とします。
  • 食糧費、接待費、会食費等の個人消費的経費は補助対象外です 。
  • 補助対象経費には消費税は含まれません。

※詳しくは事務局までお問い合わせください。

補助対象期間 採択決定通知日から2022年2月18日まで

(4)ビジネス機会拡大等支援

協業や販路拡大等につながるよう、関係機関や他の採択者等との情報交換など、事業拡大に向けたネットワークづくりを支援します。

応募方法

募集期間内に次の書類等を、下記提出先までご提出ください。様式は下記からダウンロードできます。
募集期間:2021年4月5日(月曜日)~2021年5月28日(金曜日)17時00分【必着】

応募書類等

様式1 応募申込書 (ワード:53KB)
様式2 コンソーシアム構成書(※1) (ワード:33KB)
様式3 事業計画書(※2) (ワード:54KB)
別紙4 補助事業収支予算書 (エクセル:13KB)
- 応募者及びコンソーシアム構成企業の直近の決算関係書類(※3) -
- 前3か月以内に取得した市税納税証明書(※4) -

※1)コンソーシアムで応募する場合は、コンソーシアム構成書(別紙2)を提出してください。
※2)事業計画書は、A4サイズ10ページまでとし、任意の補足資料の提出も可とします。
※3)損益計算書・貸借対照表・製造原価報告書等。創業予定者や創業間もない場合は、代表者個人の確定申告書等を提出してください。
※4)法人の場合は法人市民税分、個人の場合は市民税分を提出してください。

提出先

 【札幌市委託先】
 〒060-8640 札幌市中央区大通西3丁目11番地
 株式会社北海道二十一世紀総合研究所
 「サッポロ・ヘルスケアビジネス・サポートプログラム2021」事務局(開設:平日9時00分~17時00分)
TEL:011-231-3053
 E-MAIL:mailto:health@htri.co.jp(担当:清家、河原)

※提出書類は返却できません。
※申込者の個人情報は、選考や結果通知などに関すること以外には使用しません。

 

支援対象者の選定

(1)第一次審査:書類審査

第一次審査として、選考委員による書類審査を実施します。
書類審査後、全ての応募者に対して、採否をお知らせします。

(2)第二次審査:プレゼンテーション審査

  • 会場:札幌市役所本庁舎会議室(札幌市中央区北1条西2丁目)
  • 実施時期:2021年6月下旬頃
    ※会場および実施時期の詳細は個別に通知します。
  • 実施内容:プレゼンテーション(5分間)及び質疑応答(10分間)。
    ※出席者は3名までといたします。
    ※発表資料は原則パワーポイントを使用してください。事務局に事前にご連絡のうえ、データを送付してください。パソコン、プロジェクター等は会場にご用意しております。

(3)最終結果

2021年7月上旬を目途に、郵送で結果を通知します。

(4)審査基準

「事業性・成長性」、「本支援制度との親和性」、「社会的課題の解決に資するインパクト」

補助金の交付及び事業完了報告について

提出書類

採択者については、すみやかに以下の書類を提出いただきます。

  1. 補助金交付申請書
  2. 申請者及びコンソーシアム構成企業等の商業登記簿謄本
    ※団体・個人の場合、代表申請者の住民票
  3. その他、市長が必要と認めるもの
    必要に応じて、札幌市より提出を指示する場合があります。

事業完了の報告及び補助金の支払
補助金は原則として精算払いです。支援期間の終了後、「事業完了報告書」に加えて、精算に必要な書類(見積書・発注書・納品書・請求書・領収書等)を札幌市へ提出していただき、実施結果を確認のうえ、最終的な補助金額を確定します。その後、申請者(コンソーシアム内の代表者)からの請求に基づき、2022年3月下旬~4月上旬頃に、指定された口座へ補助金を振り込みます。
※精算に必要な書類については、別途、札幌市が作成する「補助金事務取扱要領」に従い整理していただく必要があります。

相談窓口・お問い合わせ先

 「サッポロ・ヘルスケアビジネス・サポートプログラム2021」事務局
(【札幌市委託先】株式会社北海道二十一世紀総合研究所)
 〒060-8640 札幌市中央区大通西3丁目11番地
TEL:011-231-3053(受付時間:平日9時00分~17時00分)
 E-MAIL:mailto:health@htri.co.jp(担当:清家、河原)

 

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ

札幌市経済観光局国際経済戦略室ものづくり・健康医療産業担当課

〒060-8611 札幌市中央区北1条西2丁目 札幌市役所本庁舎15階

電話番号:011-211-2392

ファクス番号:011-218-5130