ここから本文です。

更新日:2021年7月31日

職域接種促進資金

札幌市では、国(厚生労働省)が示す新型コロナワクチンの職域接種を行う中小企業者等への資金繰りの支援を行うため、札幌市中小企業融資制度に新たな資金を創設しました。

国(厚生労働省)が示す新型コロナワクチンの職域接種については、費用を国(厚生労働省)が負担することと示されておりますが、国(厚生労働省)の費用負担は事後となることから、その間の資金繰りを支援するための「つなぎ資金」としての資金となります。

※職域接種について下記の厚生労働省のホームページをご参照ください。

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/vaccine_shokuiki.html

 

融資対象、融資条件

融資対象

厚生労働省が示す新型コロナワクチンの職域接種を実施する中小企業者等とする。

なお、本資金については、一般財団法人、一般社団法人、社会福祉法人及び学校法人等であっても厚生労働省に職域接種の申請を行い、登録を受けることができる場合には、融資対象とすることができる。

融資限度額

5,000万円

資金使途

新型コロナワクチンの職域接種に伴い必要とする運用資金及び設備資金

融資期間

1年以内(うち据置1年以内)

返済方法

割賦返済または一括返済

融資利率

年1.0%以内 ※下記のとおり札幌市が利子補給を実施

信用保証

無し

保証人

法人は必要に応じて要、個人は不要とする。

担保

原則として無担保扱いとする。

利子補給

市長は、融資実行日から1年間、中小企業者等が金融機関に対して支払わなければならない利子を補給する。

※一度利子を金融機関にお支払いいただき、後日返還する形で補給する場合もございます。

受付機関

札幌市中小企業融資制度の取扱金融機関のうち、市長と本資金に係る損失補償契約を締結した金融機関

【締結済み金融機関(令和3年7月30日現在)】

みずほ銀行北洋銀行北海道銀行北陸銀行みちのく銀行秋田銀行北海道信用金庫空知信用金庫北門信用金庫日高信用金庫渡島信用金庫稚内信用金庫札幌中央信用組合

※損失補償契約を締結した金融機関については、随時公開いたします。

 

融資申請書

職域接種促進資金(特別資金)融資・利子助成金申請書兼委任状(様式10)(PDF:68KB)

 

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ

札幌市経済観光局産業振興部商業・経営支援担当課

〒060-8611 札幌市中央区北1条西2丁目 札幌市役所本庁舎15階

電話番号:011-211-2372

ファクス番号:011-218-5130