ここから本文です。

更新日:2018年12月25日

医療健康関連産業 セミナー・講座

北海道・札幌の医療健康分野における新事業創出や新規参入を支援し、医療健康産業の育成及び振興を図ることを目的に、セミナーや講演会を開催しています。

お知らせ

デジタル×バイオヘルス スタートアップ連続講座

健康・医療分野における起業促進や経営力向上を目的に、スタートアップの事例やノウハウ、業界動向、ベンチャー経営などを学べる連続講座を開催します。ベンチャー起業を志す学生を中心に、まずは健康・医療分野のビジネスの概要を学びたいといった方まで、幅広い方に受講いただける講座となっています。

開催案内チラシ(PDF:529KB)

日時

全6回(連続講座)

第1回 2018年11月1日(木曜日)18時00分~19時30分
第2回 2018年11月7日(水曜日)18時00分~19時30分
第3回 2018年11月16日(金曜日)18時00分~19時30分
第4回 2018年11月22日(木曜日)18時00分~19時30分
第5回 2018年11月27日(火曜日)18時00分~19時30分
第6回 2018年12月5日(水曜日)18時00分~20時30分

会場

道新プラザDO-BOX
(札幌市中央区大通西3丁目 北海道新聞社1階 地下鉄大通駅下車、徒歩5分)

※第4回のみ、会場が下記の場所となります
札幌市民交流プラザ 2階 SCARTS(スカーツ)ミーティングルーム
(札幌市中央区北1条西1丁目)

定員

 30名程度 (先着順・事前申込制)
※申込多数の場合は、ご参加いただけないこともございます。

参加費

 一般5,000円(6回分) ※学生無料
お支払い方法は、お申込後に別途お知らせいたします。

対象

  •  大学の技術を生かした企業に興味のある方
  • 研究者、ポスドク、大学院生、学生
  • 医療関係者
  • 経営者、会社員 など

申込方法

10月15日(月曜日)までに、下記のいずれかの方法でお申込ください。

プログラム

  日時 講座タイトル・講師・概要

第1回

11月1日(木曜日)

18時00分~19時30分

「スタートアップの0→1成長ストーリー」

■ 株式会社デジタルガレージ執行役員SVP

 コンテクストデザイン本部長オープンネットワークラボ推進室
 佐々木 智也 氏

これまで多くの企業を世に輩出してきたアクセラレータープログラム「Open Network Lab」の代表がスタートアップの成長ストーリーや新事業創出の実例を語ります。

第2回

11月7日(水曜日)
18時00分~19時30分

「バイオヘルススタートアップの成功・失敗事例」

■ 株式会社ファミワン代表取締役

 石川 勇介 氏

■ ドクターフェロー株式会社代表取締役

  林 久美子 氏

バイオヘルスケア領域で活躍するスタートアップ2社の代表から起業のヒントになる心構えや体験談などを紹介します。

※終了後、MEET UPイベント(~20時30分)

第3回 11月16日(金曜日)
18時00分~19時30分

「超高齢社会への対応-次世代ヘルスケア産業の創出」

■ 経済産業省 商務・サービス政策統括調整官

 江崎 禎英 氏

経済産業省の取組、健康・医療分野のビジネスにおける国の動向や今後の可能性などを紹介します。

第4回 11月22日(木曜日)
18時00分~19時30分

「バイオヘルススタートアップのトレンドと未来」

■ OpenNetworkLabBioHealth担当

■ 学校法人北海道科学大学 北海道科学大学工学部 情報工学科教授

 川上 敬 氏

近年、アメリカでは起業する研究者が急増しており、日本のスタートアップ業界の中でもライフサイエンス分野が盛り上がりを見せています。アメリカ・日本の例を中心にバイオヘルススタートアップのトレンドと未来を紹介します。

第5回 11月27日(火曜日)
18時00分~19時30分

「スタートアップのマーケティング戦略」

■ 国立大学法人小樽商科大学 大学院商学研究科

 アントレプレナーシップ専攻 教授

 内田 純一 氏

スタートアップの成長に欠かせないマーケティングの発想、役割、課題、戦略策定のプロセスや基本戦略(商品・サービス・価格・流通・プロモーション)を中心に、基礎的な市場戦略について学びます。
第6回 12月5日(水曜日)
18時00分~20時30分

「スタートアップを成功に導くアイデア検証とは」

■ OpenNetworkLab担当

■ OpenNetworkLabHOKKAIDO コミュニティマネージャー

 山崎 清昭 氏

■ OpenNetworkLabHOKKAIDO ビジネスデベロップメントマネージャー

 藤間 恭平 氏

スタートアップや新事業を成功に導くには、ProductMarketFit(PMF,市場で顧客から熱狂的に愛される製品のこと)の視点が欠かせません。PMFを達成のためのプロセスとその中で最も重要となるアイデア検証の手法をBOOTSTRAPで学習します。

※終了後、MEET UPイベント(~21時00分)

 問い合わせ先

公益財団法人北海道科学技術総合振興センター(ノーステック財団) 研究開発支援部 三井・杉本
〒001-0021 札幌市北区北21条西12丁目コラボほっかいどう
TEL:011-708-6392 / FAX:011-747-1911

https://www.noastec.jp/web/news/details/post_162.html

医療・健康分野 新規参入セミナー

  日時・場所 セミナー名称

第1回

平成30年8月2日(木曜日)

14時00分~16時30分

ホテル札幌ガーデンパレス

(札幌市中央区北1条西6丁目)

導入編

『最新デジタルヘルス動向とスマートヘルス』

第2回

平成30年9月4日(火曜日)

14時30分~17時00分

京王プラザホテル札幌

(札幌市中央区北5条西7丁目)

発展編 

ヘルスケア×IT最前線

導入編 『最新デジタルヘルス動向とスマートヘルス』 (終了しました)

業界の動向や参入のポイント、大学の研究やベンチャーの事例を紹介します。

開催案内チラシ(PDF:844KB)

日時

平成30年8月2日(木曜日) 14時00分~16時30分

会場

ホテル札幌ガーデンパレス 2階 丹頂の間(札幌市中央区北1条西6丁目)

プログラム

講演1(14時00分~)

 「デジタルヘルス業界の現状と展望」
 日経BP社 日経デジタルヘルス編集長 小谷 卓也 氏

講演2(15時05分~)

 「VR・IoTを用いたヘルスサービスの構築」
 北海道科学大学 理学療法学科 講師 加藤 士雄 氏

講演3(15時50分~)◆企業の事例紹介

 「オンライン診療&遠隔通訳コールシステム等について」
 ボーダレス・ビジョン株式会社 代表取締役社長 佐々木 春光 氏

 「産科医療機関と妊婦をつなぐ、アプリ作成サービス等について」
 メドグラフィカ株式会社 代表取締役 荒木 重視 氏

申し込み方法

定員100名(参加無料、事前申し込み制)、申込締切:平成30年7月27日(金曜日)

下記いずれかの方法でお申込みください。

問い合わせ先

公益財団法人北海道科学技術総合振興センター(ノーステック財団) 研究開発支援部 三井・杉本
〒001-0021 札幌市北区北21条西12丁目コラボほっかいどう
TEL:011-708-6392 / FAX:011-747-1911

https://www.noastec.jp/web/news/details/post_162.html

ページの先頭へ戻る

発展編 『ヘルスケア×IT最前線』(終了しました)

「ヘルスケア×IT最前線」をテーマに、最先端のブロックチェーンやVRによる、医療・ヘルスケア分野への参入事例等を紹介します。

開催案内チラシ(PDF:714KB)

日時

平成30年9月4日(火曜日) 14時30分~17時00分

会場

京王プラザホテル札幌 地下1階 プラザホール(札幌市中央区北5条西7丁目)

プログラム

講演1(14時30分~)

 「ヘルスケアにおけるブロックチェーン活用の現状と可能性」
 ITヘルスケア学会 代表理事、医療ブロックチェーン研究会会長
 国立保健医療科学院 研究情報支援研究センター長 水島 洋 氏

講演2(15時35分~)

 「VR、AIが進める医療のデジタルトランスフォーメーション」
 Holoeyes株式会社 CEO兼CTO 谷口 直嗣 氏

講演3(16時35分~)◆企業の事例紹介

 「ブロックチェーンを活用した医薬品売買システムのPoC等について」
 株式会社INDETAIL 取締役 マーケティング本部長・営業企画部長 宮津 信之介氏

申し込み方法

定員100名(参加無料、事前申し込み制)、申込締切:平成30年8月30日(木曜日)

下記いずれかの方法でお申込みください。

問い合わせ先

公益財団法人北海道科学技術総合振興センター(ノーステック財団) 研究開発支援部 三井・杉本
〒001-0021 札幌市北区北21条西12丁目コラボほっかいどう
TEL:011-708-6392 / FAX:011-747-1911

https://www.noastec.jp/web/news/details/_it_6.html

 

ページの先頭へ戻る

開催報告:アメリカ・サンディエゴのバイオクラスターBIOCOM(バイオコム)が来訪、勉強会を開催しました

 

7月17日(火曜日)、アメリカ・サンディエゴのバイオクラスター「BIOCOM(バイオコム)」のジョー・パネッタ会長、マネージングディレクターの藤田氏が札幌市を訪れました。

 

バイオコム表敬訪問写真1「BIOCOM(バイオコム)」は、サンディエゴで設立された世界最大級のバイオ関連業界団体です。同団体は、世界から企業が多数参加し、大学からのシーズによる起業が多くみられる活気あるバイオクラスターです。

この日は、札幌市内企業・支援機関等との勉強会・交流会のため来札し、この勉強会に先立ち、札幌市役所で町田副市長との意見交換を行いました。

 

 

 

 

 

バイオコム勉強会写真勉強会では、札幌市内企業経営者のほか、大学や行政機関でバイオ関連分野の産学連携や産業振興に取り組む職員ら、約20名が参加し、「BIOCOM」の歴史や活動などを通してクラスター活性の秘訣などを伺いました。意見交換では、約1時間にわたり様々な質問が挙がり、札幌での発展的な活動に向けて濃密な情報交換を行いました。

 

ジョー・パネッタ会長からは、「サンディエゴも札幌市と同じ程度の人口規模の地域だが、クラスター創設当初はバイオ分野に大きなアドバンテージのある地域ではなかったという点では、札幌市と同じ。札幌市の企業、組織との今日の充実したディスカッションを通じて、今後も互いに協力関係を築いていければ。」とののメッセージが送られました。

 

参考:勉強会開催案内チラシ:案内チラシ(PDF:616KB)

 

※札幌市では、専門家を招へいするための支援事業をノーステック財団を通じて実施しています。

 専門家等の招へいを希望する企業等は、ノーステック財団までお問い合わせください。

 

ページの先頭へ戻る

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ

札幌市経済観光局国際経済戦略室ものづくり・健康医療産業担当課

〒060-8611 札幌市中央区北1条西2丁目 札幌市役所本庁舎15階

電話番号:011-211-2392

ファクス番号:011-218-5130