ホーム > 健康・福祉・子育て > 福祉・介護 > 高齢福祉・介護保険 > 介護サービス従事者の方々への応援メッセージを募集します

ここから本文です。

更新日:2020年9月8日

介護サービス従事者の方々への応援メッセージを募集します

概要

札幌市では、日々社会を支える介護の現場で業務に奮闘されている、介護サービス従事者の方々に対して、市民の皆様からの応援メッセージを募集いたします。

いただいたメッセージは介護サービス従事者の方々にお届けいたしますので、感謝の気持ちや励ましの声などの心温まるメッセージをぜひお寄せください。 

応援メッセージの投稿について

介護サービス従事者の方々への応援メッセージを募集します。

  応援メッセージの投稿フォーム

※応援メッセージの一部については、ホームページ等にて紹介させていただく場合があります。

 

市民の皆様から寄せられた応援メッセージ(一部抜粋)

応援メッセージ

コロナ禍で制限のある中、担当ケアマネジャーが調整していただいたおかげで助かりました。感謝の気持ちでいっぱいです。全てのケアマネジャーに尊敬の念を抱きます。(40歳代 北区在住)

現役ケアマネジャ―です。同じ介護サービス従事者ですか、本当に第一線で神経を張り巡らせ戦っていらっしゃるのは現場の介護士さん達です。こういった方々がスポットを浴び日の目を見る時がくる事を切に願っています。腐らず負けずがんばってください!(40歳代 清田区在住)
まだまだコロナの感染リスクがあるなか、日々介護をしてくださり感謝しています。みなさんがいなければ、介護が必要な高齢者の方々の生活は成り立ちません!ご自身の体調にも気を付けながら、頑張ってください。応援しています!(20歳代 西区在住)

コロナの影響で今までとは違う仕事の方法や生活スタイルで、忍耐を強いられていると思います。

老人ホームではお世話する年配の方々は抵抗力があまりないので、日頃以上に気を配っておられるだろうとも思います。

こういう状況だからこそ、自分のことだけに目を留めず、人のために一生懸命に働いてくださる方々に感謝をお伝えしたいと思いました。

 

私の好きな言葉に、「忍耐」があります。

「忍耐」とは,「困難に面しても持ちこたえ,くじけないでいる能力」という意味だそうです。

「これは,単なるあきらめではなく燃えるような希望をもって事態に耐えることのできる精神である。……人はこの特質によって,逆風に面しても自分の足で立ち続ける。これは,最もつらい試練でも栄光に変えることのできる美徳である。この美徳は,苦痛の向こうに目標を見るからである」。

それで、忍耐するとは,避けようのない苦難を経験するだけのことではなく、試練に面しても正しい精神態度と希望に満ちた見方とを保ち,確固としていることが含まれるようです。

ぜひ身につけたい特質の一つですが、いつ終わるか分からないこのような状況を耐えるのは本当に大変だと思います。

不自由な生活の中で思いやりを示し忍耐して働いておられる皆さん、本当にありがとうございます。

そして、おつかれさまです。

これからマスクをずっと付けておくのもさらに暑くなってきますから、どうぞご自愛ください。

(40歳代 道外在住)

介護される方のすぐそばに寄り添ってお世話をされている介護従事者のみなさん、ご自身の不安もある中、介護される方のために一生懸命働かれていること、心から感謝いたします。凄まじいお仕事量かと思います。私はほんの少しだけ、介護のお勉強をかじったことがありますが、色々なケースに柔軟かつ的確に対処するために、高い判断能力が求められることを痛感しました。皆さんの働きが決して当たり前のものではないことを知っています。どれほどの方々が身体的にも精神面においても救われているかわかりません。どうかご自身の憩いの時間を取ることも忘れずになさってください。皆さんのことを心から応援しています。(50歳代 清田区在住)

この人を思いやる気持ちがすり減りそうなコロナ禍で、介護を必要としている人のために働き、助けになって下さっていること本当に感謝しています。

ありがとうございます。

感染リスクという不安がある中で、支えを必要とする人に向き合い、お世話するために自分を差し出す、その与える精神の価値は給与以上のものだと思っています。その働きがもっと高く評価されますように。(40歳代 道内在住)

介護サービス従事者のみなさんへ

私の祖父母は80代で、2人とも介護施設でお世話になっています。感染症の影響で、新しい生活様式を取り入れた介護は、今まで以上にやることも気をつけることも多く、神経を使うと思います。そんな中で、私の大切な家族やサービスを必要としている多くの人をお世話してくださり、本当に感謝しています。面会制限されている今、会いに行くことができなくても、きっとみなさんが1人1人に笑顔を向けて、穏やかに接してくださってるのだと思います。心細さや不安があっても、みなさんの自己犠牲的な働きや温かさで多くの人が支えられているはずです。「正しい人たちの善良さによって町は喜ぶ」という格言の通り、みなさんのお陰で私も安心して生活できています。まだまだ油断できない時期なので、どうかこれからも、ご自身の体を大事にしながら、お仕事頑張ってください。本当にありがとうございます。心からの感謝を込めて...(30歳代 中央区在住)

古い本に「心地よい言葉は……甘くて健康に良い」とありますが、お世話される方々が尊厳を保ちつつ快適に健康に命の日々を過ごせるのは、皆さんが訓練されたプロフェッショナルだからこそできることかもしれません。

今はコロナウイルスに感染させないよういつにもまして神経を遣われると思いますが、最前線で働く皆さんの骨折りを決して忘れません。本当にありがとうございます。(50歳代 南区在住)

コロナと戦いながら家族ができない介護をしてくださっていることに本当に感謝しています。職員の皆様はプライベートにおかれましても感染予防に人一倍気を遣われて過ごされていることと思うとただただ頭が下がる思いです。本当に本当にどうもありがとうございます。(60歳代 東区在住)

皆さんのお陰で介護が滞りなく回っております。これからも頑張ってください。陰ながら応援しております!

(10歳代 南区在住)

うつるかも知れないという緊迫した状況の中、自分でも同じ立場となって思わず後ずさりしてしまうような状況の中、ありがとうございます。皆様の仕事もあって何とか社会が保たれていると感じています。早く日常が取り戻せるようお祈り申し上げております。

(50歳代 西区在住)

コロナウイルス感染症緊急事態の中、介護現場に従事されている皆様に感謝と尊敬の念が絶えません。自分の健康が一番大事になりますので、どうかお身体にご自愛ください。

(30歳代 中央区在住)

最前線で働く皆様のおかげで、この社会が成りなっていると言っても過言ではないと思っています。

とても感謝しています。本当の家族以上に、ご本人と接する機会も多いだけに、お身体が心配です。くれぐれもご無理だけはされないでください。

(40歳代 清田区在住)

介護従事者の方々は常に不安を抱えていると思いますが、それを感じさせず、施設でお世話になっている私の祖母にも以前と変わらず丁寧で親切な対応をいただき、大変感謝しております。

(30歳代 豊平区在住)

いろいろな気持ちを抱えながら、それでも懸命に働かれているのだと思います。私たちは救われています。これからもよろしくお願いいたします。

(20歳代 東区在住)

介護サービス従事者の方々は、見えないクラスター発生リスクを心配されている方もいらっしゃると思います。介護を必要とされる方の豊かな生活を維持するためにもサービス継続は必要であり大変感謝しています。

(40歳代 南区在住)

 

そのほかの現場で奮闘する方々へのメッセージも募集しています

札幌市では、以下の現場で奮闘する方々に対する応援メッセージも募集しています。

ぜひ、以下のリンク先でも応援メッセージをお寄せください。

新型コロナウイルスと戦う医療従事者に応援メッセージを!

保育施設や放課後児童クラブではたらく方々への応援メッセージを募集します

障害福祉サービス事業所ではたらく方々への応援メッセージを募集します

 

 

このページについてのお問い合わせ

札幌市保健福祉局高齢保健福祉部介護保険課

〒060-8611 札幌市中央区北1条西2丁目 札幌市役所本庁舎3階

電話番号:011-211-2972

ファクス番号:011-218-5117