ここから本文です。

更新日:2022年9月26日

陽性者となった方へ

通信障害・システム障害のお知らせ

自己検査で陽性と判定された場合の注意点

市販の抗原検査キット、民間自費検査(※)や、北海道の無料検査事業による検査での陽性の結果だけでは、陽性と確定診断されているわけではありません。保健所において陽性者としての対応を受けるためには、陽性者登録センターへの登録又は医療機関の受診により医師の確定診断を受ける必要がありますので、ご注意ください。(※検査成績書があり、検査機関から発生届が提出される場合を除く)

【抗原検査キットを用いた自己検査で陽性となった場合】
以下のリンクに記載されている対象者に該当する方は、陽性者登録センターに登録できます。
※抗原検査キットは、厚生労働省が承認した製品(「体外診断用医薬品」又は「第1類医薬品」)を使用してください。
【陽性者登録センター】抗原検査キットを用いた自己検査で陽性となった方へ

【民間のPCR検査等で陽性となった場合や、抗原検査キットで陽性となったが陽性者登録センターの登録対象外となった場合】
以下のリンクに受診可能な対応医療機関を掲載しています。
民間検査で陽性判定された方の診療医療機関一覧

新型コロナウイルス陽性と診断され、ご不安に思われていることがたくさんおありと思います。新型コロナウイルス感染症は誰もが感染する病気です。札幌市では、一日も早く皆様が回復されるよう、療養を支えてまいります。

 療養中の過ごし方について

療養中の方のために必要な情報リンク集「療養ナビ」をご確認ください。

ページの先頭へ戻る

 問診サイトへの登録について

医療機関又は保健所から発生届の対象※1であると言われた方(電話、SMSなどによる連絡を含む)のみ、問診サイトに登録してください。
問診サイトに入力しても、医療機関等から発生届が提出されない方には、保健所からの連絡はありません※2

入力代行コールセンター

※1 医療機関から発生届が提出される方は、令和4年9月26日以降に陽性の診断を受けた方のうち、以下に該当する方です。
ご自身が発生届の提出対象となるか不明な場合は、診断を受けた医療機関にお問い合わせください。

①診断日時点で65歳以上の方
②入院を要する方
※本市においては透析患者も含む

③重症化リスクがあり、かつ、以下のいずれかに該当する方
・新型コロナウイルス治療薬の投与が必要
・感染により新たに酸素投与が必要
④妊娠中の方

なお、令和4年9月25日以前に診断された方は、上記に関わらず全ての方がご登録いただくようお願いいたします。

※2 問診サイトに入力した方には、提出された発生届と突合の上、健康観察ツール「こびまる」のURLをSMS(ショートメッセージ)でお送りします。
発生届が提出されない場合のほか、電話やスマートフォンの受信設定などにより、SMSが届かない場合があります。
SMSが届かない場合は、療養ナビから「こびまるライト」にアクセスして健康観察を行ってください。

よくあるご質問

Q-1:子どもの分を親が代理入力して良いですか?

A-1:代理入力は差し支えありません。親子で2度入力が必要な場合は、親御さんのご入力後、同じアドレスからお子さんの入力を行ってください。

Q-2:市販の抗原検査キット又は民間PCR検査で「陽性(高リスク)」と判定されました。問診サイトに登録して良いですか?

Q-2:療養判定サイトの登録対象となるのは、医師により「陽性」の確定診断を受けた方であって、発生届の対象となる方です。
民間検査センターや厚生労働省から承認された抗原検査キットなどで陽性・高リスクと判定された方は、下記のリンクのページで陽性者登録センターにご登録いただくか、受診可能な医療機関をご確認ください。

【抗原検査キットを用いた自己検査で陽性となった場合】
以下のリンクに記載されている対象者に該当する方は、陽性者登録センターに登録できます。
※抗原検査キットは、厚生労働省が承認した製品(「体外診断用医薬品」又は「第1類医薬品」)を使用してください。
【陽性者登録センター】抗原検査キットを用いた自己検査で陽性となった方へ

【民間のPCR無料検査等で陽性となった場合や、抗原検査キットで陽性となったが陽性者登録センターの登録対象外となった場合】
以下のリンクに受診可能な対応医療機関を掲載しています。
民間検査で陽性判定された方の診療医療機関一覧

 療養期間について

※令和4年9月7日付厚生労働省事務連絡(9月13日最終改正)により療養期間が一部変更されました。

療養期間は下記のとおりです。症状や入院の有無により期間が異なりますのでご留意ください。
(※令和4年9月6日までに療養終了された方の療養期間はこちらをご確認ください。)

≪参考≫
ご自宅で療養される方は、発症日を入力することで療養解除日をご確認いただけるカレンダーを利用いただけます。
詳しくは、北海道新型コロナウイルス感染症対策本部指揮室HP「療養解除日カレンダー(リンクはこちら)」をご利用ください。

症状のある方(有症状患者)

  1. 自宅又は宿泊施設等で療養している方(下記「2.医療機関に入院又は高齢者施設に入所している方」以外の方)は、発症日を0日目として7日間経過し、かつ、症状軽快後24時間経過した場合には8日目から療養解除を可能とする。
    ただし、10日間が経過するまでは、感染リスクが残存することから、検温など自身による健康状態の確認や、高齢者等ハイリスク者との接触、ハイリスク施設への不要不急の訪問、感染リスクの高い場所の利用や会食等を避けること、マスクを着用すること等、自主的な感染予防行動の徹底をお願いする。
    療養期間1
  2. 医療機関に入院又は高齢者施設に入所している方は、発症日を0日目として10日間経過し、かつ、症状軽快後72時間経過した場合には10日目から療養解除を可能とする。
    (人工呼吸器等による治療を行っている場合の退院基準は異なります。詳細はこちらをご確認ください)
    療養期間2

症状のない方(無症状患者、無症状病原体保有者)

  • 検体採取日を0日目として無症状のまま7日間経過した場合には8日目から療養解除を可能とする。
    療養期間3
  • 検体採取日を0日目として無症状のまま経過し、5日目の検査キットによる検査で陰性を確認した場合には、6日目から療養解除を可能とする。
    ただし、7日間が経過するまでは、感染リスクが残存することから、検温など自身による健康状態の確認や、高齢者等ハイリスク者との接触、ハイリスク施設への不要不急の訪問、感染リスクの高い場所の利用や会食等を避けること、マスクを着用すること等、自主的な感染予防行動の徹底をお願いする。
    療養期間4

【参考】令和4年9月6日までに療養終了された方の療養期間

症状のある方(有症状患者)

発症日を0日目として10日間経過し、かつ、症状軽快後72時間経過した場合には10日目から療養解除を可能とする。
令和4年9月6日までに療養終了された方療養期間(有症状)

症状のない方(無症状患者、無症状病原体保有者)

検体採取日を0日目として無症状のまま7日間経過した場合には7日目から療養解除を可能とする。
令和4年9月6日までに療養終了された方療養期間(無症状)

 

よくあるご質問

Q-1:自宅療養期間中に食料品等の買い出しのために外出しても良いですか。

A-1:「有症状の場合で症状軽快から 24 時間経過後」又は「無症状」の場合には、食料品等の買い出しなど必要最小限の外出を行うことは差し支えありません。
ただし、移動時は公共交通機関を使わないこと、外出時や人と接する際は短時間とし、必ずマスクを着用するなど自主的な感染予防行動の徹底をお願いいたします。

Q-2:無症状者が早期に療養解除するための検査は、どこで受けられますか。

A-2:抗原定性検査キットを自費にてお買い求めの上、検査を行ってください。なお、必ず薬事承認されたものを用いてください。

ページの先頭へ戻る

 療養証明書について

療養証明書の発行を希望される方は、以下のリンクををご確認ください。

療養証明書の発行を希望される方へ

ページの先頭へ戻る

 周囲の感染の可能性について

陽性となった方から周囲への方への感染拡大を防ぐために、感染の可能性についてご確認ください。

 (1)同居家族がいる場合は、以下のページをご確認ください。

 (2)同居者以外の周囲の方と接触があった場合

陽性となった方の発症日の2日前から同居者以外の周囲の方と、必要な感染対策をせずに飲食を共にしたなどの接触があった場合、周囲の方に感染の可能性があります。下記資料を参考に、周囲の方に感染の可能性があるかを確認し、該当者には陽性となった方から連絡をお願いします。

陽性者になったとき(PDF:158KB)

 職場復帰等の際の陰性確認検査は不要です

陽性者の療養期間又は濃厚接触者の待機期間が解除された後に、職場等で勤務を開始するにあたり、PCR検査、抗原定性検査キットによる陰性証明は不要です。

ページの先頭へ戻る

  陽性者の同居家族等が発症した場合(いわゆる「みなし陽性」について)

感染拡大により、医療機関への受診に時間を要する状況等の場合、発症した同居家族等(※)を、医師の判断により、検査を行わずに、臨床症状で診断することがあります。(いわゆる「みなし陽性」)(※ 施設入所者や寮生の方は同居家族とはなりませんのでご注意ください。)

 【ご注意ください】

  • 患者が家族の状況や自らの症状等から「陽性」とみなして判断するものではありません。
  • 保健所における陽性者としての取扱いは、次の2点がそろった後になります。

 (1)医療機関の診断 (2)医療機関から保健所への報告(発生届の提出)

よくあるご質問

Q-1:同居者が陽性となりましたが、自分も症状が出てきました。保健所で「みなし陽性」と診断してくれますか。

 A-1:診断のためには、医療機関の受診が必要です。保健所では判定することはできません。

Q-2:医療機関で「みなし陽性として保健所に届出しておく」と言われましたが、改めて保健所でPCR検査をしてくれますか。

 A-2:医療機関において診断し、保健所に発生届が提出された場合、陽性の患者として健康観察等の対応をいたします。改めてのPCR検査は行われませんのでご了承ください。

Q-3:家族が陽性になり、自分も症状が出てきたので「みなし陽性」だと思って療養していました。保健所で、療養証明書を出してもらえますか。

 A-3:医療機関の診断と、発生届がそろっていない場合、保健所における陽性者としての対応がされないため、療養証明書は発行できません。

 

ページの先頭へ戻る

 自主検査で陽性になった場合

自主検査(市販の抗原検査キット、民間自費検査や、北海道の無料検査場による検査等)で「陽性(高リスク等)」となられた方について、医師の判断で、受診時に再度の検査を行うことなく、自主検査の検査結果を用いて、陽性の確定診断を行うことがあります。

 【ご注意ください】

  • 保健所における陽性者としての取扱いは、次の2点がそろった後になります。
     (1)医療機関での診断 (2)医療機関から保健所への報告(発生届の提出)
  • 自主検査の結果をもって、自ら陽性と診断することはできません。

よくあるご質問

Q-1:市販の抗原検査キットを使ったところ、陽性の反応が出ました。どのようにすればよいですか。

A-1:民間検査センターや厚生労働省から承認された抗原検査キットなどで陽性・高リスクと判定された方は、下記のリンクのページで陽性者登録センターにご登録いただくか、受診可能な医療機関をご確認ください。

【抗原検査キットを用いた自己検査で陽性となった場合】

以下のリンクに記載されている対象者に該当する方は、陽性者登録センターに登録できます。

※抗原検査キットは、厚生労働省が承認した製品(「体外診断用医薬品」又は「第1類医薬品」)を使用してください。

【民間のPCR無料検査等で陽性となった場合や、抗原検査キットで陽性となったが陽性者登録センターの登録対象外となった場合】

以下のリンクに受診可能な対応医療機関を掲載しています。

Q-2:市販の抗原検査キットを使ったところ陽性の反応が出たので、医療機関への受診や陽性者登録センターへの登録をせず、自主的に療養していました。保健所で、療養証明書を出してもらえますか?

A-2:医療機関の診断又は陽性者登録センターへの登録がない場合、保健所における陽性者としての対応がされないため、療養証明書は発行できません。

ページの先頭へ戻る

 

新型コロナウイルス感染症に関する一般的な問い合わせ先

札幌市新型コロナウイルス一般電話相談窓口

電話番号:0570-085-789(ナビダイヤル・毎日9時00分~21時00分)

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。