ここから本文です。

更新日:2023年1月27日

抗原検査キットの無料配付を実施している薬局

新型コロナウイルス感染症が拡大し、医療体制がひっ迫する状況であっても発熱等の症状がある軽症者に対し迅速に検査を行う体制を整備するため、発熱等の症状がある方に対し、市内で無料で抗原検査キットを配付している薬局の一覧を掲載しています。
※配付される製品は厚生労働省から承認された抗原検査キット(「体外診断用医薬品」又は「第1類医薬品」)となります。

無料抗原検査キットをご利用可能な対象者(発熱等の症状がある方) 

以下のすべてを満たす方が配付対象です。※無症状の方は対象となりません。【12月16日更新】

  1. 札幌市内に在住の方
  2. 有症状の方(症状が軽く、安定している方(※))

 ※医療機関の受診は不要とご自身で判断できる場合を指します。

 

 1・2をすべて満たす方でも、以下の方は医療機関の受診を推奨します。

  • 65歳以上の方
  • 妊娠中の方
  • 透析中の方
  • その他重症化リスクのある方

 例)悪性腫瘍性疾患(がん、白血病等)、免疫不全(HIV、がんの治療中、臓器移植により

   免疫抑制剤を使用中)等 

お問い合わせの際は以下の点をご注意ください

各薬局の対応可能時間を必ずご確認ください。

各対象薬局の一覧より、お住まいの地域の薬局へ電話等で配付の予約を行ってください。

無料配付は1か月に1人1回までといたします。

キット配付は原則、配送となっております。

抗原検査キットの申請内容に虚偽があった場合や検査キットの転売が判明した場合は、検査費用の負担を求めるほか、札幌市が必要と認める措置を講じる場合があります。

すでに陽性になっており陰性を確認するための検査及びスクリーニング目的での検査については対象外となります。

抗原検査キット使用後陽性になった場合の対応は以下リーフレットをご確認ください。
抗原検査キット使用のリーフレット(PDF:560KB)

ページの先頭へ戻る

配送可能な薬局一覧【1月26日更新】

下記の一覧表は情報の更新があった際に適宜更新いたします。

※配付の一時中止等、各薬局の最新情報の入手に努めておりますが、
一覧表の更新まで時間差が発生する場合もございますのでご理解・ご協力をお願いいたします。

 

抗原検査キットの使用方法など

抗原検査キット(鼻腔用)の使用方法(PDF:238KB)

※ご使用の際は室温(15℃~30℃)に戻してから検査を行ってください。

結果判明後の流れ

陽性(高リスク)の場合

抗原検査キットによる検査での陽性の結果だけでは、陽性と確定診断されているわけではありません。
保健所において陽性者としての対応を受けるためには、陽性者登録センターへの登録又は医療機関の受診により医師の確定診断を受ける必要がありますので、ご注意ください。

陽性者登録センターへの登録や医療機関の受診については、以下のリンクをご確認ください。
自己検査で陽性と判定された方

陰性(低リスク)の場合

感染している恐れは低いと考えられます。症状がない場合であっても、引き続き、外出時のマスク着用、手指消毒等の基本的な感染対策を続けてください。
なお、風邪症状等があり、医療機関の受診を希望する場合は、こちらを参考に近隣の医療機関に事前にお問い合わせのうえ、受診をお願いします。

※感染者数の増加に伴い、発熱外来が大変混みあっております。重症化のリスクが高い方が優先的に受診できるよう、ご協力をお願いいたします。

 

新型コロナウィルス感染症に関する一般的な問い合わせ先

札幌市新型コロナウイルス一般電話相談窓口
電話番号:0570-085-789(ナビダイヤル・毎日9時00分~21時00分)
※よくあるご質問はこちら

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。