ホーム > 健康・福祉・子育て > 食の安全・食育 > 食の安全 > 安全・安心な食のまち・さっぽろ推進事業 > 平成24年度札幌市食品健康危機管理シミュレーション事業

ここから本文です。

更新日:2015年2月23日

平成24年度札幌市食品健康危機管理シミュレーション事業

「市内の複数のホテルおよび高齢者福祉施設において、大量の患者が発生している。」との想定の下、札幌市、北海道及び関係事業者等における対応訓練を行いました。また、模擬嘔吐物を用いた嘔吐物処理の演習訓練を行いました。

図1 図2 図3

開催日時 平成25年1月31日(木曜日)10時00分~17時00分
開催場所 札幌市中央区大通西19丁目WEST19 5階講堂
訓練内容
  • 机上シミュレーション訓練
    ※事件発生時のある想定局面における対応を協議するディスカッション型の訓練
  • 嘔吐物処理演習訓練
訓練参加者 市内ホテル、市内高齢者福祉施設の従事者、札幌市職員および北海道職員 計48名

参加の感想

  • 他の事業者や札幌市、北海道の職員と意見が交換できて、大変有意義だった。 
  • マニュアルに沿って訓練をしておくことが大切。実際の場面では想定どおりにいかないことも多いかと思うが、定期的に確認する必要がある。
  • 集団食中毒の場合、患者が広域にわたることも多いので、普段から他都市と連携しておく必要があると感じた。
  • 情報が多いとポイントが絞りにくくなるため、状況をまとめる能力も必要と感じた。
    図2

 

ページの先頭へ戻る

このページについてのお問い合わせ

札幌市保健福祉局保健所食の安全推進課

〒060-0042 札幌市中央区大通西19丁目 WEST19ビル3階

電話番号:011-622-5170

ファクス番号:011-622-5177

こちらのフォームは掲載内容に関するお問合せにご利用ください(対応・回答は開庁日のみとさせていただきます。)。
食中毒の発生や不良食品に関する個別のご相談は直接相談窓口までお願いいたします。