ここから本文です。

更新日:2015年4月28日

平成26度さっぽろ食の安全・安心市民交流事業/子ども食品Gメン体験事業

事業者や生産者の“食の安全・安心”への取組を現地で見学し、意見交換するなどして、事業者・生産者と市民の相互理解を図り、また、市民が食の安全について正しい知識と理解を深め、さらに食に対する信頼感を持ってもらうため「食の安全・安心市民交流事業」を実施しました。
また、子ども達が「食品Gメン(食品衛生監視員)」の仕事を体験し、食の安全についての知識や理解を深めてもらうため「子ども食品Gメン体験事業」を実施しました。

 食の安全・安心市民交流事業

第1回さっぽろ食の安全・安心市民交流事業【生産農家及び販売店】

きゃべつ、とうもろこし、にんじんなど20種類以上の農産物を生産しているけーあいファームの農場を見学し、代表取締役である五十嵐さんと直接意見交換を行い、とうもろこしと露地栽培トマトの収穫を体験しました。イオン札幌西岡店では、野菜の売り場や普段見ることができないバックヤードを見学し、衛生管理について説明を受けました。また、野菜ソムリエである大宮さんから、野菜に関するさまざまなことについて話を聞きました。

      産地見学バスツアーの収穫体験 産地見学バスツアーの収穫体験 産地見学バスツアーの販売店見学

日時

平成26年9月5(金曜日)12時30分~17時00分

参加人数 27名
内容
  • 農場見学
  • 生産者との意見交換
  • 収穫体験
  • 販売店の売り場及びバックヤード 見学
見学先
  • けーあいファーム(千歳市長都)
  • イオン札幌西岡店(札幌市豊平区西岡3条)
参加者の主な感想
  • 農場代表者の話で農薬のこと、有機栽培のことがよくわかりました。
  • 野菜ソムリエの方の説明が分かりやすくよかったです。
  • スーパーのバックヤードは、見ることがなかったので良い社会勉強になりました。 
  • 現場を実際に見ると意識が高まると感じました。 

ページの先頭へ戻る

第2回さっぽろ食の安全・安心市民交流事業【製麺工場】

昭和28 年創業で、ラーメンだけでなく、うどんやそば、パスタなどの様々な麺類を製造している西山製麺株式会社本社工場を見学しました。製品ができるまでの工程の見学や事業者との意見交換により、食の安全を守るための取組を学びました。また、家庭でのラーメンのおいしい作り方も教わりました。

工場見学  事業者によるラーメンの説明  事業者による衛生管理説明

 

日時

平成27年2月17(火曜日)10時00分~14時00分

参加人数 19名
内容
  • 工場見学
  • 事業者との意見交換
見学先
  • 西山製麺株式会社 本社工場(札幌市白石区平和通16丁目)
参加者の主な感想
  • 札幌ラーメンの歴史等もわかり、企業として、とても大切に食品を取り扱っていると思いました。
  • 西山社長の製麺、ラーメンに対する思いを深く感じました。
  • ラーメンの麺にこのような種類の麺があることに驚きました。

 

 子ども食品Gメン体験事業

第1回さっぽろ子ども食品Gメン体験事業【札幌中央卸売市場】

全道・全国各地から新鮮な魚や野菜が集まる札幌市中央卸売市場で、小学校3~6年生の親子を対象に“食品Gメン”の仕事を体験していただきました。

  子どもGメンのセリの説明 子どもGメンのマグロ解体見学 子どもGメンの検査室見学

日時 平成26年8月4日(月曜日)6時30分~11時30分
参加人数 16名(親子8組)
内容

中央卸売市場の見学・Gメン体験

  • 青果棟せり場の見学
  • 水産棟で放射温度計を使った温度チェック

市場内の検査室の見学・Gメン体験

  • 微生物検査及び理化学検査の説明
  • 手洗いチェッカー及びルミテスターによる手の汚れチェック
  • 市場関係者との意見交換
  • しろくま忍者の手あらいソング」による正しい手洗いの学習
見学先 札幌市中央卸売市場(札幌市中央区北12条西20丁目)
参加者の主な感想

≪子ども≫

  • マグロの解体、セリをしている時の声、はくりょくがすごくてびっくりしました。
  • いろいろ企画があっておもしろかったです。 
  • 魚の解体などとてもかっこよかったです。

≪保護者≫

  • 今日は子どもにとっても、とても貴重な体験ができたのではないかと思います。
  • いろいろな方の役割、仕事があり安全が守られていることに改めて気づかされました。 
  • 自由研究の取組にとても役立たせていただきます。
体験レポート 平成26年度第1回さっぽろ子ども食品Gメン体験レポート(PDF:594KB)

ページの先頭へ戻る

第2回さっぽろ子ども食品Gメン体験事業【大型スーパー】

市内有数の大型ショッピングモールをもつイオン札幌発寒店で、食品売場での温度チェックなどの食品Gメンの仕事だけでなく、野菜の袋詰めなどのスーパーの仕事も体験しました。

放射温度計記録 手洗いチェッカー 放射温度計測定

日時 平成27年1月14日(水曜日)13時00分~16時00分
参加人数 27名(親子13組)
内容

スーパーマーケットの見学・Gメン体験

  • バックヤードの見学
  • 野菜の袋詰めなどのスーパーのお仕事体験 
  • 販売場で放射温度計を使った温度チェック
  • 手洗いチェッカー及びルミテスターによる手の汚れチェック
  • 事業者との意見交換  
見学先 イオン札幌発寒店(札幌市西区発寒8条12丁目)
参加者の主な感想

≪子ども≫

  • 食品Gメンの人だけ使える物が使えたからいいと思いました。
  • 手洗いの実習がむずかしかったです。
  • もっといろいろなものを放射温度計ではかりたかったです。

≪保護者≫

  • 子どもに食の安全を教えて頂けるイベントなので、非常に有り難いです。
  • いつも利用しているお店の裏側が見たくて、子どもより母が参加したくて応募しました。
体験レポート 平成26年度第2回さっぽろ子ども食品Gメン体験レポート(PDF:1,007KB)

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ

札幌市保健福祉局保健所食の安全推進課

〒060-0042 札幌市中央区大通西19丁目 WEST19ビル3階

電話番号:011-622-5170

ファクス番号:011-622-5177

こちらのフォームは掲載内容に関するお問合せにご利用ください(対応・回答は開庁日のみとさせていただきます。)。
食中毒の発生や不良食品に関する個別のご相談は直接相談窓口までお願いいたします。