ここから本文です。

更新日:2016年4月7日

食品等の自主回収報告制度

自主回収平成25年10月1日から、「札幌市安全・安心な食のまち推進条例」に基づき、食品等の自主回収報告制度が施行されます。

これは、食品関係事業者が食品等を自主的に回収した場合に、当該自主回収の情報を市民の皆さんに速やかに周知することで、食品等による健康被害を未然に防止し、事業者による迅速な自主回収を支援するための制度です。

この制度では、対象となる事業者(特定事業者)が条例に定める理由による自主回収に着手した場合に、札幌市長への報告を義務付け、札幌市はその内容をホームページで公表食品等の自主回収情報)します。

 

本制度の概要等については、以下のリーフレット及び条例・規則をご覧ください。

また、本制度の運用にかかる「手引き」および「Q&A」を作成しましたので、食品関係事業者の方はご参照ください。

なお、食品等の自主回収を行おうとする事業者は、事前に保健所又は各区保健センターまでお問い合わせください。

ページの先頭へ戻る


Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ

札幌市保健福祉局保健所食の安全推進課

〒060-0042 札幌市中央区大通西19丁目 WEST19ビル3階

電話番号:011-622-5170

ファクス番号:011-622-5177

こちらのフォームは掲載内容に関するお問合せにご利用ください(対応・回答は開庁日のみとさせていただきます。)。
食中毒の発生や不良食品に関する個別のご相談は直接相談窓口までお願いいたします。