ここから本文です。

更新日:2020年12月28日

札幌市医療従事者応援プロジェクト

新型コロナウイルスの感染が拡大する中、第一線で奮闘されている医療従事者を支援するため、札幌市では2020年5月より「札幌市医療従事者応援プロジェクト」を立ち上げ、医療従事者への応援メッセージの募集と発信を行うとともに、「新型コロナウイルス札幌ささえあい基金」寄付の募集や、医療機関向けの個人防護具(PPE)などの物資の提供などを通して、市内の医療従事者及び医療提供体制への支援を行っています。

 

新型コロナウイルスと闘う医療従事者に応援メッセージを!

医療従事者としての誇りを胸に市民の生命を守るため、日夜奮闘する医療従事者の皆さまに対し心からの感謝の気持ちを伝えるとともに、少しでも心の支えとなっていただけるよう応援メッセージを募集しています。

医療従事者への応援メッセージ・バナー

「新型コロナウイルスと闘う医療従事者に応援メッセージを!」のページはこちら

 

札幌市は、新型コロナウイルスに関する差別・偏見の防止に取り組んでいます。

 新型コロナウイルスに感染された方、最前線で懸命に闘っている医療従事者の方、そのご家族に対するいわれなき差別や偏見などが社会問題となっております。札幌市は、このような差別や偏見の防止に取り組んでいます。

「いわれなき偏見や差別をなくそうポスター」(PDF:465KB)「差別偏見防止・応援メッセージ募集ポスター」(PDF:2,036KB)

 

 

市内の小学生から医療従事者へ向けた応援メッセージ作品の贈呈セレモニーを開催しました。(2020年9月3日[木曜日]実施)

新型コロナウイルス感染症の第一線で闘う医療従事者へ向けて、市内の小学生が作成した応援メッセージ作品の贈呈セレモニーを実施しました。
この日は、山の手小学校6年生の代表児童4人から北海道医療センターの職員に寄せ書きが手渡され、北海道医療センターの菊地院長から感謝の言葉をいただきました。
今回、市内7校がメッセージ作品を作成し、23クラス、622人のメッセージが寄せられ、市内の主要20ヵ所の医療機関に配布を予定しています。

作成風景 作品完成と児童

思い思いのメッセージを集めて

素敵な花束が完成

セレモニーの様子 集合写真

感謝の言葉を添えてお渡し

最後にみなさんで記念撮影

※各学校からのメッセージは以下のリンクからご覧ください。

札幌市立学校に通う児童・生徒から新型コロナウイルス感染症に向き合って奮闘する皆様への感謝・応援メッセージのページ

医療機関向け個人防護具(PPE)等の物資提供・支援

医療従事者が新型コロナウイルス感染症対応の医療現場で安全に診療が行えるよう、個人防護具(PPE)等の医療用物資を医療機関やクラスターが発生した施設に提供しています。

 

個人防護具(PPE)等の保管

個人防護具等イメージ

個人防護具(PPE)等の医療用物資の備蓄

医療用物資

提供した医療用物資

医療用物資 供給量
サージカルマスク

3,330,564枚

N95マスク

184,570枚

ゴーグル

3,815個

フェイスシールド

245,417個

ニトリルグローブ

708,920枚

防護服

8,399着

サージカルガウン

953,959着

消毒液

7,909ℓ

※令和2年12月22日時点

 

医療従事者への感謝を表すブルーライトアップ

新型コロナウイルス感染症に対し、献身的に立ち向かう医療従事者への感謝を表すブルーライトアップは、2020年3月26日にイギリスのロンドンで始まり、その後、この運動は世界中に広がりを見せています。

「青色」で照らすのは、イギリスの国営医療サービス事業である国民保健サービス「NHS」のシンボルカラーが「青色」であることが由来となっており、札幌市内でも次の施設などで、医療従事者たちに感謝とエールを送るブルーライトアップの取組が行われています。

 

札幌時計台ブルーライトアップ

札幌市時計台

 

札幌ドームブルーライトアップ

札幌ドーム展望台

 

サッポロファクトリーブルーライトアップ

サッポロファクトリー

 

札幌競馬場ブルーライトアップ

札幌競馬場

 

市内各所におけるブルーライトアップの実施(2020年11月20日[金曜日]実施)

新型コロナウイルス感染症に対応する医療従事者をはじめとしたエッセンシャルワーカーの皆さまに感謝の気持ちを届けるため、11月20日に、さっぽろテレビ塔、札幌市時計台、札幌ドーム展望台、サッポロファクトリー(アトリウム)、白い恋人パーク、JRA札幌競馬場など市内各所の施設においてブルーライトアップが行われました。ご協力いただいた皆さまに心よりお礼申し上げます。

ご協力いただいた施設

さっぽろテレビ塔

白い恋人パーク

大通公園西2丁目(さっぽろホワイトイルミネーション)

JRA札幌競馬場

札幌市時計台

札幌市資料館(旧札幌控訴院)

札幌ドーム展望台

札幌駅南口広場モニュメント

サッポロファクトリー(アトリウム)

 札幌駅前地下歩行空間出入口番号表示 

 

大通西2

ボード

大通公園西2丁目(さっぽろホワイトイルミネーション)

啓発ポスター(大通公園西2丁目)

jra

siroikoibito

JRA札幌競馬場

白い恋人パーク

北海道と札幌市との連携による市内施設のブルーライトアップ(2020年6月25日[木曜日]実施)

緊急事態宣言解除(2020年5月25日)から1か月の節目にあたる6月25日に、北海道と札幌市が連携し、医療従事者をはじめとするエッセンシャルワーカーの皆さまへの感謝の気持ちを表す取組として、一斉にブルーライトアップが行われました。

以下に、各施設のブルーライトアップされた風景の動画などを掲載しましたので、直接ご覧いただくことができなかった皆さまにもご覧いただければと思います。

ご協力いただいた皆さまに心からお礼申し上げます。

 

ブルーライトアップの動画はこちら
北海道庁赤れんが庁舎をドローンで撮影した動画はこちら

ご協力いただいた施設

北海道庁赤れんが

札幌市民交流プラザ

札幌市時計台

さっぽろテレビ塔

大通公園西4丁目噴水

サッポロファクトリー

札幌ドーム展望台

白い恋人パーク

 

「新型コロナウイルス感染症対策」寄付~みんなでコロナに立ち向かおう!~

札幌市では、新型コロナウイルスの影響による様々な課題に対する取組を支援していくため、「新型コロナウイルス札幌ささえあい基金」を創設しております。

「新型コロナウイルス札幌ささえあい基金」寄付のお願いのページはこちら

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ

札幌市保健福祉局保健所医療政策課

〒060-0042 札幌市中央区大通西19丁目 WEST19ビル3階

電話番号:011-622-5162

ファクス番号:011-622-5168