ホーム > 健康・福祉・子育て > 健康(からだ・こころ) > 感染症・予防接種 > 予防接種 > 医療機関の皆様へ > 北海道胆振東部地震の影響による定期予防接種の機会を逸した子どもへの救済措置について

ここから本文です。

更新日:2018年9月21日

北海道胆振東部地震の影響による定期予防接種の機会を逸した子どもへの救済措置について

平成30年9月6日に発生した北海道胆振東部地震の影響により、定期予防接種を対象期間内に受けることができなかった子育て家庭を対象に、札幌市では、下記のとおり、予防接種にかかる費用を助成することといたしましたので、お知らせいたします。

 

1 対象者

次のいずれの要件にも該当する方

・札幌市に住民登録がある方

・定期予防接種を平成30年9月6日から10月5日の間に予定していたが、地震の影響により、この期間内に接種を受  けることができず、定期予防接種の機会を逸した子ども

(例:麻しん風しん混合(MR)1期の場合、定期予防接種の期間は1歳から2歳未満のため、平成28年9月7日~10月6日生まれの方が対象になります。この場合、平成28年9月6日生まれの方は、9月6日の時点で2歳となり、定期予防接種の対象外となるため、今回の救済対象外となります。)

2 対象となる予防接種

定期予防接種(A類

※四種混合、二種混合、麻しん風しん混合(MR)、麻しん、風しん、ヒブ、小児用肺炎球菌、水痘、日本脳炎、B型肝炎など

3 助成対象となる接種期間

平成30年9月6日から10月5日まで

4 申請期限

平成30年12月28日まで

5 必要書類

各区保健センターで交付している申請書、生年月日・住所が確認できる書類、振込先が分かるもの、印鑑、予防接種済証又は母子手帳の写し又は予診票、領収書

6 申請先

お住まいの区の保健センター(健康・子ども課)

このページについてのお問い合わせ

札幌市保健福祉局保健所感染症総合対策課

〒060-0042 札幌市中央区大通西19丁目 WEST19ビル3階

電話番号:011-622-5199

ファクス番号:011-622-5168

※緊急の対応が必要な場合は、直接お電話にて御連絡を願います。