• ホーム
  • 防災・防犯
  • くらし・手続き
  • 健康・福祉・子育て
  • 教育・文化・スポーツ
  • 観光・産業・ビジネス
  • 市政情報

ここから本文です。

新型コロナウイルス感染症 行政検査委託契約 申請フォーム

新型コロナウイルス感染症の行政検査委託契約が必要な場合

 ・ 民間検査会社に検査を依頼する場合(核酸増幅法、抗原定量検査)
 ※札幌市保健所で回収して検査する場合は契約不要です。

 ・ 各医療機関で抗原定性検査(簡易検査キット)を実施する場合

契約要件

 1 疑い例が新型コロナウイルス感染症以外の疾患の患者と接触しないよう、可能な限り動線を分けられていること(少なくとも診察室は分けることが望ましい)こと

 2 必要な検査体制が確保されていること

 3 医療従事者の十分な感染対策を行うなどの適切な感染対策が講じられていること。

 (唾液検体の場合)

 (1) 標準予防策に加えて、飛沫予防策及び接触予防策を実施すること。

 (2) 採取された唾液検体を回収する際には、サージカルマスク及び手袋を着用すること。

 (鼻咽頭拭い液・鼻腔拭い液検体の場合)

 (1) 鼻腔や咽頭から検体を採取する際には、サージカルマスク等、眼の防護具(ゴーグル又はフェイスシールド)、ガウン及び手袋を装着すること。

  (2) エアロゾルが発生する可能性のある手技(例えば気道吸引、下気道検体採取等)を実施する場合は、N95マスク(またはDS2など、それに準ずるマスク)、眼の防護具(ゴーグル又はフェイスシールド)、ガウン及び手袋を装着すること。

公費の対象となる点数

 算定例は下記のとおりです。「初診料・再診料」や「検体採取料」「トリアージ加算」等は、公費の対象には含まれませんのでご注意ください。

 また、札幌市衛生研究所に検体を提出し検査した場合は、保険請求の対象となりません。

 【算定例】

 1.PCR検査を実施した場合 ※札幌市に検体を提出した場合は請求不可
 ・検査料1,800点(院内で検査を実施した場合は1,350点)
 ・微生物学的検査判断料150点(当月に既に他の検査により判断料を算定している場合は0点)

 2.抗原検査を実施した場合 ※札幌市に検体を提出した場合は請求不可
 ・検査料600点
 ・免疫学的検査判断料144点(当月に既に他の検査により判断料を算定している場合は0点)

検査結果の報告

 抗原検査キットを使用した場合、または、民間検査会社等を活用し検査を実施し、結果が判明した場合は、結果に関わらず(陰性の場合も含めて)、下記様式にて、毎日17時までに御連絡ください。

 検査結果報告様式(エクセル:14KB) 検査結果報告様式(PDF:45KB)

 NEW! 変更になりました! 【提出先】メール:kansen_kensa@city.sapporo.jp

申請

 下記フォームにより申請をお願いします。後日、担当者より御連絡いたします。

 新型コロナウイルス感染症の体外診断用医薬品(検査キット)の詳細については、下記、厚生労働省のホームページを御確認ください。

   https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_11331.html

入力欄
契約要件の確認(必須)
 
検査項目1
 
検査項目2
 
検査項目3
 
検査項目4
 
検査項目5
 

  

携帯電話のメールアドレスを記載する場合は、パソコンからのメール受信を拒否する設定を解除してください。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ

札幌市保健福祉局医療対策室管理課

電話番号:011-676-3382

(担当:PCR検査センター)