ここから本文です。

更新日:2022年1月21日

ポリオ(小児まひ)ワクチン

 ポリオ(小児まひ)は、ポリオウイルスによる感染症で、ワクチンを接種することにより予防できます。

 ※四種混合ワクチン(ジフテリア・百日せき・破傷風・ポリオ混合ワクチン)を接種する場合は、ポリオワクチンの接種は不要です。

不活化ポリオワクチン

 ■対象年齢:生後3か月~90か月

 ■接種費用:札幌市内にお住いの対象年齢の方が市内の実施医療機関で接種した場合は無料

 ■接種を受けられる場所:市内の予防接種実施医療機関
   ※医療機関はこちらに掲載しています。
 ※受付時間、予約の必要性などについて、必ず事前にお電話で各医療機関にお問い合わせください。

  ■接種回数:4回 初回免疫3回と、追加免疫1回。合計4回。
   初回免疫は20日以上の間隔をあけて3回接種し、その後、6か月以上の間隔をおいて追加免疫を1回接種する。
  hukatuka

 詳しくはこちらをご覧ください。 → 不活化ポリオワクチンリーフレット(PDF:509KB)

≪標準的な接種≫

 初回免疫は生後3から12か月までに20日~56日の間隔をあけて3回接種する。3回目の接種終了後、12か月から18か月の間隔をあけて追加免疫1回接種する。

 ≪生ポリオワクチンを接種している場合の接種回数と接種間隔≫

 ○生ポリオワクチンを1回接種している場合→不活化ポリオワクチンの4回の接種のうち、最初の1回が終わっていると考え、初回免疫として不活化ポリオワクチンを20日以上の間隔をあけて2回接種し、その後6か月以上あけて追加免疫1回接種する。

 ○生ポリオワクチンを2回接種している場合→不活化ポリオワクチンの接種は不要

不活化ポリオワクチンの追加接種(4回目)について

不活化ポリオワクチンの追加接種(4回目)については、導入当初、定期予防接種の対象外でしたが、その後有効性と安全性が確認されたため、平成24年10月23日から定期予防接種の対象となりました。

追加接種(4回目)をまだ接種していない方は、忘れずに受けるようにしましょう。

※追加接種(4回目)の標準的な接種期間⇒初回免疫3回目終了後、12か月から18か月の間隔をあけて1回接種 

様式

 不活化ポリオワクチン説明書(PDF:733KB)

 不活化ポリオワクチン予診票(PDF:74KB)

 

詳しくは、各区健康・子ども課(保健センター)にお問い合わせください。

各区の保健センターの電話番号

各区健康・子ども課(保健センター)

電話番号
(電話受付/月~金8時45分~17時15分)

中央区健康・子ども課

011-205-3351

北区健康・子ども課

011-757-1185

東区健康・子ども課

011-711-3211

白石区健康・子ども課

011-862-1881

厚別区健康・子ども課

011-895-1881

豊平区健康・子ども課

011-822-2400

清田区健康・子ども課

011-889-2400

南区健康・子ども課

011-581-5211

西区健康・子ども課

011-621-4241

手稲区健康・子ども課

011-681-1211

お問い合わせ先

札幌市保健所感染症総合対策課
電話 011-622-5199

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ

札幌市保健福祉局保健所感染症総合対策課

〒060-0042 札幌市中央区大通西19丁目 WEST19ビル3階

電話番号:011-622-5199

ファクス番号:011-622-5168

※緊急の対応が必要な場合は、直接お電話にて御連絡を願います。