ホーム > 健康・福祉・子育て > 健康(からだ・こころ) > 感染症・予防接種 > 感染症 > 医療従事者(医師・獣医師等)の皆様へ > 【医師の皆様へ】「後天性免疫不全症候群に関する特定感染症予防指針」の全部改正について(平成30年1月18日)

ここから本文です。

更新日:2018年3月15日

【医師の皆様へ】「後天性免疫不全症候群に関する特定感染症予防指針」の全部改正について(平成30年1月18日)

厚生労働省より、「後天性免疫不全症候群に関する特定感染症予防指針」を全部改正する旨の通知がありました。

「後天性免疫不全症候群に関する特定感染症予防指針」の全部改正について

日本のエイズ動向は、個別施策層を中心に新規HIV感染者・エイズ患者が報告されており、報告数は平成20年をピークに年間約1500件前後で横ばいで推移しています。近年の抗HIV療法の進歩は、感染者等の生命予後を改善した一方で、エイズを発症した状態で感染が判明した者の割合が依然として約3割と高い水準となっているなど、早期発見に向けた更なる施策等が必要となっています。こうした状況を踏まえ、重点的に取り組む新たな対策を中心に、社会全体で総合的なエイズ対策を実施していくため、本指針が改正されました。

改正後の予防指針の全文についてはHIV/エイズ予防対策(厚生労働省ホームページ)を御確認ください。

 

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ

札幌市保健福祉局保健所感染症総合対策課

〒060-0042 札幌市中央区大通西19丁目 WEST19ビル3階

電話番号:011-622-5199

ファクス番号:011-622-5168