• ホーム
  • 折々の手続き
  • お知らせ
  • お問合せ先
  • まちづくり
  • 施設案内

ホーム > 施設案内 > まちづくりセンター > 栄東まちづくりセンター > 無邪気な笑顔が広がるちびっこなつまつり

ここから本文です。

更新日:2019年7月30日

無邪気な笑顔が広がるちびっこなつまつり

なつまつり1

夏の風物詩・「ひのまるちびっこなつまつり」

子どもたちが心待ちの夏の一大イベントに

学校の夏休み初日、7月26日、栄東地区の子どもたちが心待ちにしている夏の風物詩・「ひのまるちびっこなつまつり」が開催されました。今年、第14回目を迎えるこのおまつりは、栄東地区子ども未来会議(永渕宏代表)・同まつり実行委員会(新井熟委員長)が主催し、民生委員・児童委員などが中心になって、連合町内会、青少年育成委員、児童会館、小学校、幼稚園、つどーむなどが連携協力し、創り上げた夏の一大イベントです。

出展したコーナーは、じゃんけんやタンバリン、あくしゅなどのコーナーを回る「お楽しみラリー」、折り紙で手づくりの金魚を釣る「金魚釣り」、紙細工の力士をのせた土俵をたたいて相手を倒す「トントン相撲」や「昔遊び」、数字の的にボールを当てる「ストライクアウト」、風船で動物などを創る「バルーンアート」など、”手づくり”で”素朴”な遊びばかり。それが逆に新鮮で、無邪気な子供たちの笑顔が会場いっぱいに溢れていました。

雨雲の動きから栄小開催にシフト

当日、7時過ぎからひのまる公園で会場設営をはじめましたが、雲行きが怪しくなり、インターネットの雨雲の動きから、9時ごろに会場を栄小学校体育館に移すことを決定しました。素早い変更決定と従事する各種団体が一丸となって移動・設営を作業を行い、10時の開会式にはセッテングを完了することができました。屋内での開催は例は少なく、水遊びのコーナーは中止しましたが、人気のヨーヨーは、帰りのお土産に活用し、子どもたちに喜ばれました。雨のため、例年より参加者数は少ないのですが、ボランティアをふくめて約1100人(暫定値)が1時間半余りの楽しいひとときを過ごしていました。

中高生ボランティアが大活躍

このおまつりは、ボランティアの多さが特徴です。今年は、中学生が54名、高校生が43名と各コーナーに分かれて主力メンバーとして大活躍しました。ボランティアというと大学生をイメージしますが、担い手の層がより若年層に広がっていると言えましょう。また、ひのまる児童会や各小学校のミニ児童会館では、同会館に通う小学生などが運営し、長い行列にも一生懸命にコーナーの運営に頑張っていました。このほか、今年は、東15丁目屯田通りの災害復旧工事に従事する企業の皆さんも、会場準備や交通誘導を手伝いいただきました。


なつまつり2

なつまつりを楽しむ子どもたち

なつまつり3

風船で動物などを創る「バルーンアート」

このページについてのお問い合わせ

札幌市東区市民部地域振興課

〒065-8612 札幌市東区北11条東7丁目1-1

電話番号:011-741-2429

ファクス番号:011-722-2794