• ホーム
  • 折々の手続き
  • お知らせ
  • お問合せ先
  • まちづくり
  • 施設案内

ホーム > 施設案内 > まちづくりセンター > 栄東まちづくりセンター > 子どもや高齢者の安全を願い、118名で街頭啓発を実施

ここから本文です。

更新日:2019年5月15日

子どもや高齢者の安全を願い、118名で街頭啓発を実施

啓発

令和元年初の交通安全啓発に118名が大集合の地下鉄栄町駅交差点

令和元年になって初めての「春の交通安全市民総ぐるみ運動」が5月11日からスタートし、5月20日まで実施されています。

栄東地区では、5月13日、地下鉄栄町交差点で、栄東連合町内会、栄東地区交通安全運動推進委員会が中心になって、街頭啓発を実施しました。

晴天に恵まれたこの日、地区内の単位町内会、交通安全母の会、地元企業をはじめ総勢118名が参加して、道行く車のドライバーや歩行者の皆さんに、子どもと高齢者の安全の通行確保や高齢運転者の交通事故防止、自転車の安全利用などを呼びかけました。

今回は、栄東地区で東15丁屯田通の災害復旧工事を担う新太平洋建設株式会社、北土建設株式会社、また、地区内の下水工事を担う株式会社丸洋鈴木組の方々合計14名が地域貢献として積極的に街頭啓発に参加いただき、地下鉄栄町交差点を大勢の旗並みで埋め尽くしました。交通安全に対する地域の熱意や思いが、きっとドライバーや歩行者の皆さんの心に届いたことでしょう。

なお、街頭啓発は、5月20日14時からも実施の予定です。

このページについてのお問い合わせ

札幌市東区市民部栄東まちづくりセンター

〒007-0841 札幌市東区北41条東14丁目3-1

電話番号:011-711-2203

ファクス番号:011-711-0150