• ホーム
  • 折々の手続き
  • お知らせ
  • お問合せ先
  • まちづくり
  • 施設案内

ホーム > 東区の出来事(地区ニュース) > 地区ニュース4月13日地域を守る東消防団が活躍します!~平成31年度野火火災対応訓練

ここから本文です。

更新日:2019年4月15日

地区ニュース4月13日地域を守る東消防団が活躍します!~平成31年度野火火災対応訓練

野火火災訓練の様子1

野火火災訓練の様子1

4月13日午前10時40分から、サッポロさとらんど(東区丘珠町519番地)で、平成31年度野火火災対応訓練が行われた。

これは、雪解けが進み空気が乾燥するこの時期に火災が発生した場合、強風により枯れ草などが燃え広がり、広範囲に火勢が拡大して建物に飛び火する恐れがあることから、火災の拡大を最小限に食い止めることを目的に実施したもの。

地域に密着し、住民の安全と安心を守る重要な役割を担う東消防団(団長:岩田謙次(いわた・けんじ))と東消防署が連携して毎年実施しており、総勢50人と消防車両7台が参加した。

最初に、東消防団が小型ポンプの設定や放水要領などの基本訓練を行った。その後、東消防署員も加わって野火火災訓練に入り「サッポロさとらんど第6駐車場東側の空き地から野火火災が発生し、約5アールにわたり炎上中。先着隊の消防隊で消火活動を行うも、強風により南西側にさらなる延焼拡大が予想されることから、応援隊として東消防団も加わり消火活動を行う」との想定で訓練を実施。消火活動では、河川に見立てた10トン水槽からの揚水、部隊間の補給中継や放水など、的確な指示に基づき消防団員らは実践さながらに真剣な面持ちで訓練に臨んでいた。

訓練を確認していた遠田満憲(えんだ・みつのり)東消防署長は「このような見事な訓練を見せていただき、地域の皆さまの安全と安心を担っていると胸を張って言うことができる。今後も、この訓練の経験を忘れずに活動にあたってほしい」とあいさつし、訓練を締めくくった。

参加した消防団員は「全員が手際の良い消火活動を行い、無事に訓練を終えることができた。今後も春の火災予防活動に徹し、市民の安全と安心のために働きたい」と話していた。

野火火災訓練の様子2

野火火災訓練の様子2

野火火災訓練の様子3

野火火災訓練の様子3

野火火災訓練の様子4

野火火災訓練の様子4

このページについてのお問い合わせ

東消防署警防課丘珠出張所
電話番号:011-784-5119