• ホーム
  • 折々の手続き
  • お知らせ
  • お問合せ先
  • まちづくり
  • 施設案内

ホーム > 東区の出来事(地区ニュース) > 地区ニュース10月17日交通安全タマネギをどうぞ!~栄東地区「交通安全たまねぎキャンペーン」開催

ここから本文です。

更新日:2017年10月19日

地区ニュース10月17日交通安全タマネギをどうぞ!~栄東地区「交通安全たまねぎキャンペーン」開催

たまねぎキャンペーンの様子1

たまねぎキャンペーンの様子1

10月17日午後2時から、地下鉄東豊線栄町駅周辺の交差点で、栄東連合町内会(永渕宏(ながふち・ひろし)会長)と同地区の交通安全運動推進委員会(阿知良茂(あちら・しげる)会長)が主催の「交通安全たまねぎキャンペーン」が行われた。

この催しは、通行車両のドライバーや歩行者に対し、東区の代表的な農産物であるタマネギを配布して交通安全を啓発する、東区ならではの取り組みで、昭和60年(1985年)から開始しており、今回で33回目の開催となった。

今回用意されたタマネギは、約1,000個、重さ約150キログラムで、同町内会顧問の氏家謹一(うじいえ・きんいち)さんが心を込めて育成し、収穫したもの。ビニール袋に2個ずつ丁寧に詰められ、「タマネギが日本で初めて本格的に作られたのが、現在の東区(旧札幌村)です。どうぞご賞味の上、交通安全にご協力お願いします」などと書かれた紹介文が添えられている。

この日は、同地区の町内会、交通安全指導員会、東交通安全協会、交通安全母の会、地域の病院や企業、遠田隆幸(えんだ・たかゆき)東警察署長など約120人が参加。参加者らは、交差点の4カ所に分かれ、「青信号でも安全確認」「やめよう路上駐車」などと書かれた安全運転の旗を掲げながら、ドライバーや歩行者にタマネギを手渡した。赤信号で停車中の車両に参加者が駆け寄ると、車の窓を開け、「ありがとうございます」と笑顔でタマネギを受け取るドライバーの姿が見られた。

また、日の丸保育園の年長児も応援に加わり、交通安全の旗を振りながら、「交通安全お願いします!」「黄色信号は止まってください!」などと元気な声で呼び掛けた。その微笑ましい姿にドライバーや歩行者は目を細め、「がんばってね」などと声を掛けていた。

その後、日の丸会館(北41条東14丁目)に移動し、交通安全教室が開かれ、東警察署による講話と東区交通安全運動推進委員会による演劇が披露された。教室の冒頭では、交通安全意識の高揚と安全安心な地域社会の実現に多大な貢献をしたとして、この催しを始めた当初から長年に渡り無料でタマネギを提供してきた氏家さんに、東警察署長から感謝状が贈られた。氏家さんは「これからも町内の皆さんで交通安全活動をがんばっていきましょう」と話していた。

たまねぎキャンペーンの様子2

たまねぎキャンペーンの様子2

たまねぎキャンペーンの様子3

たまねぎキャンペーンの様子3

感謝状贈呈の様子

感謝状贈呈の様子

このページについてのお問い合わせ

札幌市東区市民部総務企画課

〒065-8612 札幌市東区北11条東7丁目1-1

電話番号:011-741-2414