• ホーム
  • 折々の手続き
  • お知らせ
  • お問合せ先
  • まちづくり
  • 施設案内

ホーム > 東区の出来事(地区ニュース) > 地区ニュース9月28日夜間の外出には必ず身に付けて!~元町地区で「夜光反射材等実証実験」開催

ここから本文です。

更新日:2017年10月10日

地区ニュース9月28日夜間の外出には必ず身に付けて!~元町地区で「夜光反射材等実証実験」開催

実証実験の様子1

実証実験の様子1

9月28日午後6時から、元町小学校(東区北25条東17丁目)グラウンドで、交通事故防止に用いる夜光反射材の効果を知ってもらうための実証実験が開催された。

これは、秋の交通安全総ぐるみ運動の一環として、毎年元町地区で行っている取り組みで、今回で9回目の開催となる。元町まちづくり連合会、札幌東交通安全協会、元町交通安全母の会連絡協議会による共催で、北海道警察札幌方面東警察署の協力を得て、実践的な内容となっている。

この日は、地域住民ら約60人が参加。実証実験に先立ち、今回初の試みとして、自転車にダミー人形を載せ、タンクローリー車による内輪差の巻き込み事故を再現。大型車両のみならず、乗用車等でも想定される事故のため、参加者たちは、車を運転する際には常に注意することを改めて確認していた。

続いて、パトカーのヘッドライトを照射して、夜光反射材を着用した人と着用していない人、夜光反射材が付いた自転車と付いていない自転車の見え方を比較。「全然見え方が違うんだね」と夜光反射材の効果に驚く参加者の姿が見られた。

このほか、パトカーと乗用車を使用し、ヘッドライトを遠目にした場合に、対向車の間にいる人が見えにくくなる「グレア現象」の実験も実施。最後に、東警察署の署員から、夜間外出時には十分に気を付けるよう注意喚起があり、実験は終了した。

5歳と3歳の子と共に参加した母親は、「日が暮れるのも早くなり、夜に外出する時は、必ず子どもに反射材を付けさせたいと思いました」と夜光反射材の重要性を実感していた。

実証実験の様子2

実証実験の様子2

実証実験の様子3

実証実験の様子3

実証実験の様子4

実証実験の様子4

このページについてのお問い合わせ

札幌市東区市民部総務企画課

〒065-8612 札幌市東区北11条東7丁目1-1

電話番号:011-741-2414