• ホーム
  • 折々の手続き
  • お知らせ
  • お問合せ先
  • まちづくり
  • 施設案内

ホーム > 東区の出来事(地区ニュース) > 地区ニュース10月1日

ここから本文です。

更新日:2011年10月5日

地区ニュース10月1日

地域の方の戦争体験を聞こう~丘珠小学校~

丘珠小学校

10月1日(土曜日)9時50分から丘珠小学校(東区丘珠町593番地3井毅(まつい・つよし)校長)で「東区平和事業・地域の方の戦争体験を聞こう~丘珠小学校」が開催された。
この催しは、戦争体験の風化が懸念される現在、戦時中の厳しさや苦しさを体験した人々の話を記録するとともに、体験者と次世代を担う子どもたちとが平和について考える機会を設けるものとして、平成20年度から札幌市が実施する「平和事業」の一環として行われたもの。
この日は、同校の6年生62人が校内の多目的室に集まり、海軍に入隊し、重巡洋艦高雄の乗組員として戦争体験をされた東区在住の三澤清治(みさわ・せいじ)さん(85)から当時の話を聞いた。
三澤さんからは、自分が乗船していた重巡洋艦高雄が潜水艦からの魚雷攻撃を受けて戦死した仲間を水葬した時の様子や、機関が損傷した状態でなんとかシンガポールへ到着し、そこで終戦を迎えた当時を話され、児童たちはじっと耳を傾けていた。
三澤さんからは「当時は日本を守るため兵士になった。日本がポツダム宣言をあの時受諾していなかったら、きっと日本はなくなっていた。このような悲惨な状況になる戦争は二度と起こすべきではない。」と話され、戦争体験談を締めくくった。
最後に、児童から、「貴重なお話ありがとうございます。これからの学習に役立てていきたいと思います」といった感想が述べられ、盛大な拍手が送られた。

 

東区の出来事(地区ニュース)へ戻る

このページについてのお問い合わせ

札幌市東区市民部総務企画課

〒065-8612 札幌市東区北11条東7丁目1-1

電話番号:011-741-2414

ファクス番号:011-742-4762