• ホーム
  • 折々の手続き
  • お知らせ
  • お問合せ先
  • まちづくり
  • 施設案内

ホーム > 東区の出来事(地区ニュース) > 地区ニュース2月7日優勝目指して限界に挑め!~「第6回モエレ山爆走そり大会」

ここから本文です。

更新日:2016年2月8日

地区ニュース2月7日優勝目指して限界に挑め!~「第6回モエレ山爆走そり大会」

優勝「いちいママ探偵団」

優勝「いちいママ探偵団」

7日(日曜日)、東区のモエレ沼公園(東区モエレ沼公園)内のモエレ山で、「第6回モエレ山爆走そり大会」が開催され、77チーム315人が参加した。

この催しは、モエレ山爆走そり大会実行委員会(実行委員長:向井一洋(むかい・かずひろ))が企画。東区内唯一の山であるモエレ山を舞台に、子どもから大人まで世代を超えて気軽に楽しむことができる冬のレクリエーション活動の振興を目的としている。

この日は、気温が低く、サラサラの雪が積もる良好なコンディション。開会式で、前回優勝チーム「チームオチョ」が元気よく選手宣誓を行い、大会がスタート。来賓として、元オリンピック・リュージュ日本代表の戸城正貴(としろ・まさき)さんが招かれ、場内放送で各チームの滑りを解説した。

各チームは、映画やゲームで人気のキャラクターをはじめ、北海道新幹線やレーシングカーなど、趣向を凝らした段ボールの自作そりで、全長約120メートルの斜面を滑走。勢い余って転倒やコースアウトしたり、斜面の途中でそりが止まり、チーム全員でそりを押したりする場面もあり、全力でゴールを目指す姿に、会場から温かい拍手が送られていた。

大会終了後の表彰式は、ガラスのピラミッド内で行われ、「12秒61」の好タイムを出した東区内在住の女性3人チーム「いちいママ探偵団」が優勝。ゲゲゲの鬼太郎の仮装で、12秒台に3チームが入る接戦を制した同チームは、「一反木綿(いったんもめん)のおかげで勝つことができました」とコメントし、会場から大きな笑いを誘っていた。

ベストパフォーマンス賞「ストレッチャー」

ベストパフォーマンス賞「ストレッチャー」

戸城賞「土方つるピカチーム」

戸城賞「土方つるピカチーム」

表彰式の様子

表彰式の様子

このページについてのお問い合わせ

札幌市東区市民部地域振興課

〒065-8612 札幌市東区北11条東7丁目1-1

電話番号:011-741-2429