• ホーム
  • 折々の手続き
  • お知らせ
  • お問合せ先
  • まちづくり
  • 施設案内

ホーム > 東区の出来事(地区ニュース) > 地区ニュース12月22日「選挙の仕組みを楽しく学ぼう!~苗穂小せんきょ体験授業」

ここから本文です。

更新日:2015年12月24日

地区ニュース12月22日「選挙の仕組みを楽しく学ぼう!~苗穂小せんきょ体験授業」

せんきょ体験授業の様子の写真1

せんきょ体験授業の様子1

22日(火曜日)、苗穂小学校(北9条東13丁目:大石幸志(おおいし・こうじ)校長)において、6年生児童68人を対象に「せんきょ体験授業」が実施された。

この授業は、児童に投票を体験してもらうことで、選挙の重要性や関心を高めてもらうとともに、将来の投票活動につなげることを目的に、札幌市と東区の選挙管理委員会が行ったもの。

授業の前半は、東区選挙管理委員会事務局の職員が講師を務め、国会議員や市長を決める選挙制度の仕組みや今年行われた選挙の年代別の投票率のほか、消費税率などの日々の生活に関することが法律で決められることを学んだ。

また、選挙に関するクイズでは、「投票日の翌日に18歳の誕生日が来る人は投票できる?」や「日本人が外国に住んでいても日本の選挙を投票できる?」などの問題が出題された。児童たちは元気よく手を挙げて解答し、講師の解説に驚いた表情や感心した様子で聞き入る姿が見られた。

後半は、卒業式前の最後の給食メニューを投票により決定する「模擬投票」が行われた。まず、実際の選挙で使用される記載台、投票箱、投票用紙、計数機が紹介され、児童たちは選挙公報に記載された「とりめし」「ラーメン」「ビビンバ」「ドライカレー」の4つのメニュー(候補者)の特徴(訴え)にじっくりと目を通していた。名簿対照と用紙の交付も児童が担当し、皆、少し緊張した面持ちで投票箱に投票用紙を入れ、投票が終了。開票の結果、メニューは「とりめし」に決定し、児童たちは満足そうな笑みを浮かべていた。

最後に、児童の代表が「選挙の仕組みは全然知らなかったけれど、今日の授業でよくわかり興味が湧きました。18歳になったら絶対に行きたいと思います」と感想を述べ、授業は終了した。

せんきょ体験授業の様子の写真2

せんきょ体験授業の様子2

せんきょ体験授業の様子の写真3

せんきょ体験授業の様子3

このページについてのお問い合わせ

札幌市東区市民部総務企画課

〒065-8612 札幌市東区北11条東7丁目1-1

電話番号:011-741-2412