• ホーム
  • 折々の手続き
  • お知らせ
  • お問合せ先
  • まちづくり
  • 施設案内

ホーム > 東区の出来事(地区ニュース) > 地区ニュース10月15日赤ちゃんと触れ合おう!~栄中学校の生徒が育児体験

ここから本文です。

更新日:2015年10月19日

地区ニュース10月15日赤ちゃんと触れ合おう!~栄中学校の生徒が育児体験

育児体験の写真1

育児体験の様子1

15日(木曜日)、栄西児童会館(東区北46条東5丁目)で、札幌市立栄中学校(生徒数621人、吉田幸司(よしだ・こうじ)校長、東区北46条東6丁目)の技術・家庭科授業の一環として、札幌市の次世代育成支援事業「育児体験支援」が開催された。

これは、生徒が赤ちゃんと実際に触れ合うことで、命の尊さや男女が共に育児を行うことの大切さなどを学ぶことを目的とし、子育てサロン交流会「ぬくもり」と栄西児童会館の協力で開催されたもの。

この日は、3年生68人の生徒たちと39組の親子が交流した。

赤ちゃんと対面した生徒たちは、最初、どのように接していいか戸惑っていたが、おもちゃで一緒に遊んで、触れ合っていくうちに自然と笑みがこぼれはじめた。その後、「子育てで一番大変なことは何ですか?」「赤ちゃんが泣いているときはどうすればいいのですか?」などと質問し、お母さんたちから熱心に話を聞いていた。

参加した母親は、「大きいお兄さんお姉さんと接する機会がないので、子どもたちもとてもいい刺激を受けたようです。また、こういう機会があれば参加したいです」と話し、生徒も「子どもをどうやってあやすかなど、普段の授業では学べないことを教えてもらいました」「将来に生かしていきたいです」と笑顔で感想を述べていた。

育児体験の写真2

育児体験の様子2

育児体験の写真3

育児体験の様子3

このページについてのお問い合わせ

札幌市東区保健福祉部健康・子ども課

〒065-0010 札幌市東区北10条東7丁目1-20

電話番号:011-712-6331