• ホーム
  • 折々の手続き
  • お知らせ
  • お問合せ先
  • まちづくり
  • 施設案内

ホーム > 東区の出来事(地区ニュース) > 地区ニュース8月1日地域の防災力を高めて災害に備えよう~東区防災研修会

ここから本文です。

更新日:2015年8月3日

地区ニュース8月1日地域の防災力を高めて災害に備えよう~東区防災研修会

心臓マッサージの実技

心臓マッサージの実技

8月1日(土曜日)東区民センター(東区北11条東7丁目)で東区防災研修会が開催され、地域住民ら150人が参加し、防災や救命措置などについて学んだ。

これは、東区民の防災意識の向上を図るため、東区役所と声かけあい、支えあう、安心安全なまちづくり区民協議会(会長:村井啓一(むらい・けいいち))が主催したもの。

第1部では、「大雨災害と防災気象情報について」と題して、札幌管区気象台気象防災部予報課の山下龍平(やました・りゅうへい)主任予報官により、大雨による気象災害や災害を未然に防ぐための防災気象情報の利活用についての講演が行われた。講演では、気象情報の意味を理解し、正しく行動することの必要性や、命を守るために率先して行動し、隣近所で助け合うことで、自分だけでなく地域全体の命を守ることが大切であるといった話があり、参加者は熱心にメモをとりながら聞き入っていた。

第2部では、東消防署員が講師となり、救命処置と防災資機材の取扱いについての実技研修が行われた。

救命処置では、人体模型を使用した心肺蘇生法とAED(自動体外式除細動器)の取扱いについて説明を受けた後、参加者は順番に、実際に心臓マッサージやAEDの操作を行った。

また、防災資機材の取扱いでは、浸水対策に役立つ手作り簡易水のう、手作り止水板の作り方について説明を受けた後、簡易担架の使い方を消防署員の手ほどきを受けながら、実際に担架の組み立てを行った。

参加者の女性は、「AEDの使い方や担架の組み立て方など、難しいイメージがあったので、一度体験出来て、とても勉強になりました」と話していた。

簡易担架の使い方の説明

簡易担架の使い方の説明

AEDの説明

AEDの説明

講演の様子

講演の様子

このページについてのお問い合わせ

札幌市東区市民部総務企画課

〒065-8612 札幌市東区北11条東7丁目1-1

電話番号:011-741-2409