• ホーム
  • 折々の手続き
  • お知らせ
  • お問合せ先
  • まちづくり
  • 施設案内

ホーム > 東区の出来事(地区ニュース) > 地区ニュース7月4日音楽で魅力ある地域づくり~第14回地域ふれあいコンサート開催

ここから本文です。

更新日:2015年7月6日

地区ニュース7月4日音楽で魅力ある地域づくり~第14回地域ふれあいコンサート開催

コンサートの様子1

コンサートの様子1

4日(土曜日)、伏古小学校体育館(東区伏古8条5丁目2-1)で、伏古本町文化芸術のまちづくり協議会」(中村忠義(なかむら・ただよし)会長)が主催する「第14回地域ふれあいコンサート」が開催され、地域住民ら417人が音楽の生演奏を堪能した。

このコンサートは、地域の人々に生の音楽や芸術に触れてもらい、感動を共有することにより地域の絆をつくり、心豊かな地域社会を創るため、平成14年から毎年開催されているもので、今年は地元の小中学生と札幌吹奏楽団を招待して開催された。

はじめに、会場である伏古小学校の4年生が、リコーダーで「エーデルワイス」など4曲を演奏。児童らは緊張した面持ちながら担当の先生の指揮にリズムを合わせて綺麗な音色を奏で、観客から温かい拍手が送られていた。

次に、札幌中学校吹奏楽部が2015年度全日本吹奏楽コンクール課題曲の「マーチ『プロヴァンスの風』」を情緒豊かに、続いて「第六の幸福をもたらす宿」を壮大に演奏。完成度の高い演奏に観客は魅了されていた。

その後、札幌吹奏楽団が「草競馬」など幅広い年代が楽しめる曲を披露。明るい曲調の「ストライク・アップ・ザ・バンド」では、観客席から手拍子が起こり、会場内は一体感に包まれた。また、常任指揮者の菅原克弘(すがわら・かつひろ)さんの解説で、演奏に用いられる楽器の紹介も行われ、それぞれの楽器の音色に観客席の子どもたちも興味深そうに耳を傾けていた。

最後に、札幌吹奏楽団と札幌中学校吹奏楽部が合同で2曲を演奏。札幌中学校吹奏楽部の生徒たちは札幌吹奏楽団に交じって堂々とした演奏を披露し、厚みのある音楽に観客席から大きな拍手が送られていた。この日最後の曲「故郷」では、菅原さんの呼び掛けにより、曲にあわせて観客が合唱するなど、演者と観客が一体となった会場では、スタッフを含め参加者全員が思い思いに生演奏を楽しんでいた。

今回初めて来場したという女性は、「レベルの高い生の演奏を聴くことができ、とてもよかったです。必ず来年も来たいです」と満足した様子で会場を後にした。

コンサートの様子2

コンサートの様子2

コンサートの様子3

コンサートの様子3

楽器紹介の様子

楽器紹介の様子

このページについてのお問い合わせ

札幌市東区市民部伏古本町まちづくりセンター

〒007-0863 札幌市東区伏古4条4丁目5-3

電話番号:011-784-5534

ファクス番号:011-784-2530