• ホーム
  • 折々の手続き
  • お知らせ
  • お問合せ先
  • まちづくり
  • 施設案内

ホーム > 東区の出来事(地区ニュース) > 地区ニュース6月16日教科書では学べない貴重な体験~「教えて!ファイヤーマン」開催

ここから本文です。

更新日:2015年6月18日

地区ニュース6月16日教科書では学べない貴重な体験~「教えて!ファイヤーマン」開催

119番通報体験

119番通報体験

16日(火曜日)、札幌小学校(東区伏古1条2丁目、佐藤巧(さとう・たくみ)校長、児童数290人)で、防火・防災に関する体験型出前授業「教えて!ファイヤーマン」が開催された。

これは、市消防職員が講師となり、通報・避難・初期消火などの災害発生時の対応や防火・防災の基礎を身に付けてもらうことを目的に、市内の小学校4年生を対象に行っているもの。例年、市内約200校で実施され、東区内では今年度初めての開催となる。

この日は、2クラス49人の児童が参加。消防の仕事や装備品の紹介、119番通報模擬体験、人工的に発生させた煙からの避難や消火器取扱いの訓練などが行われた。防火衣の着装体験をした児童たちは、「暑いし、重くて歩けない」と話し、消防職員から全ての装備を付けると30キログラムを超えるとの説明に「すごーい」と驚きの声を発した。

また、消防に関する質疑応答では、児童から、火を早く消すため工夫や火災現場に到着して第一に行うことは何かといった具体的な質問がなされ、消防職員が分かりやすく答えると、皆、真剣な表情で聞き入っていた。

最後に、今日の授業のおさらいがあり、家族で災害時の集合場所を決めておくことについて確認し、消防職員の合図による敬礼で授業は締めくくられた。

防火衣着装体験

防火衣着装体験

人工煙の濃煙体験

人工煙の濃煙体験

消火器取扱訓練

消火器取扱訓練

このページについてのお問い合わせ

札幌市消防局

電話番号:011-781-2100