• ホーム
  • 折々の手続き
  • お知らせ
  • お問合せ先
  • まちづくり
  • 施設案内

ホーム > 東区の出来事(地区ニュース) > 地区ニュース2月16日「みんなで冬の運動不足を解消!『第34回丘珠連町雪の祭典』」

ここから本文です。

更新日:2014年2月17日

地区ニュース2月16日「みんなで冬の運動不足を解消!『第34回丘珠連町雪の祭典』」

第34回丘珠連町雪の祭典

スノーフラッグ

16日(日曜日)、丘珠空港緑地(丘珠町220-1)で、丘珠連町雪の祭典が開催され、地域住民約200人が参加した。

冬の運動不足の解消や地域住民同士の親睦を深めることを目的に丘珠連合町内会(会長:北島英司(きたじま・えいじ))が主催し、今年で34回目。

参加者全員でラジオ体操を行った後、競技開始。「スノーフラッグ」や「雪上水泳大会」など子どもたちを対象にした競技のほか、子どもから大人まで楽しめる「玉入れ」や「クイズ大会」など、工夫を凝らした各種競技が行われ、会場内には雪面を元気いっぱいに駆け回る子どもたちの歓声や地域住民の声援が響いていた。競技の合間には、連合町内会女性部による具材たっぷりの豚汁や、温かい甘酒が参加者全員に振舞われた。

また、例年この催しには、陸上自衛隊丘珠駐屯地の隊員らが会場運営などへの協力を含めて参加しており、町内会対抗の綱引きの合間に「子どもたち」対「丘珠駐屯地隊員」の綱引きが行われるなど、地域住民と親睦を図っていた。

「雪上水泳大会」に参加した小学生は「自衛隊員のほふく前進が早くてビックリした」と目を丸くし、祭典を楽しんでいる様子だった。

第34回丘珠連町雪の祭典2

雪上水泳大会

第34回丘珠連町雪の祭典3

自衛隊員と子どもたちの綱引き

第34回丘珠連町雪の祭典4

絵字合せ

このページについてのお問い合わせ

札幌市東区市民部総務企画課

電話番号:011-741-2400