• ホーム
  • 折々の手続き
  • お知らせ
  • お問合せ先
  • まちづくり
  • 施設案内

ホーム > 東区の出来事(地区ニュース) > 地区ニュース2月16日「冬を楽しもう!『北光地区雪んこ大会』開催」

ここから本文です。

更新日:2014年2月17日

地区ニュース2月16日「冬を楽しもう!『北光地区雪んこ大会』開催」

平成25年度北光地区雪んこ大会1

手作りの表彰状

16日(日曜日)、東区の美香保小学校(北18東6:本間雄一(ほんま・ゆういち)校長)のグラウンドで「北光地区雪んこ大会」が開催された。

この大会は北光地区の子どもたちが寒さに負けず、雪のグラウンドで楽しく遊んでもらえるように北光連合町内会が主催し、今回で28回目を数える。

会場では、最初に美香保小学校3年生が企画・運営した「みんなで作れ!世界に一つの美香保タワー!!」や「大物を探せ!わくわく宝探し!!」が行われ、担当した児童たちは、ゲームの進め方をアナウンスしたり、勝った組への手作り表彰状を授与したり、元気よく大会進行務めていた。

時折、雪が吹き付ける天候の中、ボウリングのピンをダーツの矢に見立てた「ピンダーツリレー」や、タイヤ型のチューブに飛び乗り、進んだ距離を競う「ゴムボートダイブ」では、勢いあまってチューブの上から滑り落ちてしまう子どもが続出して、会場内は歓声と笑い声に包まれていた。

また、「人間ばんば」は2人1組でお互いにそりを引き、コース内に作った山を越える競技で、その山を何とか越えようと真っ赤な顔でそりを引く子どもたちへ、地域の人たちから「もう一息がんばって」など盛んな声援が送られ熱気にあふれるレースが展開された。

大会終了後には、子どもたちへ参加賞や豚汁が振る舞われ、子どもたちは大きな湯気を立てる鍋の周りに集まって、「温かいね」と笑顔で豚汁を口いっぱいにほおばっていた。

平成25年度北光地区雪んこ大会2

ゴムボートダイブの様子

平成25年度北光地区雪んこ大会3

人間ばんばの様子

競技の様子

このページについてのお問い合わせ

札幌市東区市民部総務企画課

電話番号:011-741-2400