• ホーム
  • 折々の手続き
  • お知らせ
  • お問合せ先
  • まちづくり
  • 施設案内

ホーム > 東区の出来事(地区ニュース) > 地区ニュース2月9日「ダンボール製のそりで駆け抜けろ!「第4回モエレ山爆走そり大会」

ここから本文です。

更新日:2014年2月12日

地区ニュース2月9日「ダンボール製のそりで駆け抜けろ!「第4回モエレ山爆走そり大会」

第4回爆走そり大会

大会3連覇を果たした「こびとーず」

9日(日曜日)、東区のモエレ沼公園(東区モエレ沼公園)内のモエレ山で、「第4回モエレ山爆走そり大会」が開催され、73チーム265人が参加した。

東区内唯一の山であるモエレ山を舞台に、子どもから大人まで世代を超えて気軽に楽しむことができる冬のレクリエーション活動の振興を目的として、モエレ山爆走そり大会実行委員会(実行委員長:向井一洋(むかい・かずひろ)が企画したもので、今回で4回目。

穏やかな天候となったこの日は、10時30分に競技開始。参加者らはダンボールで自作した「そり」で、モエレ山の斜面およそ120メートルを滑走した。1秒でも早く滑ろうと体を縮めるチームや、衣装やそりを派手に装飾したパフォーマンス重視のチームなど、それぞれのチームが工夫を凝らした滑走を行うたびに、会場から大きな声援が送られていた。中には、途中でそりが壊れ、そりを押してゴールするチームもあり、開場が笑いに包まれる場面もあった。

また、リュージュ競技日本代表として過去3回のオリンピックに出場した牛島茂昭(うしじま・しげあき)さんが、特別ゲストとしてテスト滑走を行ったほか、ボブスレー競技日本代表選手として過去2回のオリンピックに出場した桧野真奈美(ひの・まなみ)コーチ率いる「TeamHino」がデモンストレーションで特別参加するなど、大会を盛り上げた。

表彰は滑走タイム順に行われ、幼稚園からの仲よし3人組の小学4年生3人組チーム「こびとーず」が、昨年の優勝タイムを上回る「11秒22」の好タイムで大会3連覇を果たした。「こびとーず」のメンバーは「他のチームが去年の優勝タイムより早かったので、優勝は無理だと思っていたのでうれしい」と喜んでいた。ベストパフォーマンス賞には、はらぺこあおむしのパフォーマンスを披露した「フォーエバーつぼみ1」が選ばれた。

第4回爆走そり大会2

フォーエバーつぼみ1

第4回爆走そり大会3

「TeamHino」のデモンストレーション

第4回爆走そり大会4

競技の様子

このページについてのお問い合わせ

札幌市東区市民部総務企画課

電話番号:011-741-2400