• ホーム
  • 折々の手続き
  • お知らせ
  • お問合せ先
  • まちづくり
  • 施設案内

ホーム > 東区の出来事(地区ニュース) > 地区ニュース12月1日「つきたてのおいしいおもちを食べよう!~新生もちもち亭」

ここから本文です。

更新日:2013年12月3日

地区ニュース12月1日「つきたてのおいしいおもちを食べよう!~新生もちもち亭」

25年新生もちもち亭1

もちつき体験の様子

1日(日曜日)、新生児童会館(北8東7)で「新生もちもち亭」と題したもちつき会が開催され、多くの親子らが楽しんだ。

この催しは、つきたてのおもちを子どもたちに食べてもらおうと、三世代交流の子育て支援の行事として、地域の子育て支援を目的に活動している鉄東わんぱくネットが主催したもので、この日はおよそ230人が参加。

鉄東地区の町内会や民生委員・児童委員など地域住民が運営に携わり、児童会館を利用している子どもたちが会場の飾り付けや司会進行などを行う「もちスタッフ」として参加した。

開会式では、子どもたちがこの日のために準備をしてきた「3びきのやぎとかいぶつトロル、新生もちもち亭バージョン」と題したペープサート(紙人形劇)を披露すると、会場から大きな拍手が起こった。その後、子どもたちがこの日のために考案したオリジナルキャラクター「桜もちうさぎ」と「かぶりぞうに君」が紹介され、12人のもちスタッフが「新生もともち亭スタート!」と声を合わせて開会の宣言をすると、雑煮やきな粉もちを食べようと、親子らが長い列を作った。

会場ではもち米60キロが次々と蒸され、もうもうと蒸気が立ち込める中、地域の人たちが額に汗しながら、手際よく準備を進めた。

「もちつき体験」では2つの臼を使い、運営スタッフがある程度もちをついた後、仕上げを子どもたちが担当。最初は慣れない手つきでおっかなびっくり杵を振っていた子どもたちも、大人たちの「よいしょ!よいしょ!」「がんばれ!」という掛け声に合わせ、元気いっぱいのもちつきを披露し、見守る親も一緒になり大いに盛り上がっていた。

また、「もちまるめ体験」も行われ、もちスタッフの「もちまるめ体験しませんか」という元気な掛け声に集まった子供たちは、大人たちから丸め方を教わり、つきあがった熱々のもちを手粉まみれになりながら楽しそうに丸めていた。

このもちは雑煮やきな粉もちとして参加者に振る舞われ、おかわりのもちをもらいに何度も往復する子どもの姿が多く見られた。参加した子どもの一人は「もちつきは、杵が重かったけど楽しかった。お雑煮も具がいっぱいでおいしい」と満面の笑みでおいしそうにもちをほおばっていた。

25年新生もちもち亭2

もちまるめ体験の様子

新生もちもち亭

もちスタッフの紹介

新生もちもち亭4

ペープサートの様子

このページについてのお問い合わせ

札幌市東区市民部総務企画課

〒065-8612 札幌市東区北11条東7丁目1-1

電話番号:011-741-2414

ファクス番号:011-742-4762