• ホーム
  • 折々の手続き
  • お知らせ
  • お問合せ先
  • まちづくり
  • 施設案内

ホーム > 東区の出来事(地区ニュース) > 地区ニュース11月5日「災害時に備えて~要援護者の移送・受入訓練を実施」

ここから本文です。

更新日:2013年11月7日

地区ニュース11月5日「災害時に備えて~要援護者の移送・受入訓練を実施」

災害時要援護者移送・受入訓練1

訓練の様子1

5日(火曜日)、東区にある特別養護老人ホーム大友恵愛園(北17東5)で、「東区災害時要援護者支援ネットワーク事業」における要援護者の移送・受入訓練が実施された。

この訓練は、札幌市内で地震や風水害などの大規模な災害が発生した場合に、デイサービスや訪問介護などの在宅サービスを利用している要援護者は、一般の避難所での生活が困難であることから、東区内の特別養護老人ホーム、介護老人施設などが直接受け入れることができるように実施したもの。

今回、大友恵愛園を会場に北光地区の全11町内会が参加し、要援護者役の参加者を支援者役が車いすに乗せて移送する訓練を行った。

受入施設である大友恵愛園では、施設職員による要援護者の受け付け、誘導、血圧チェック、負傷者の優先順位づけなど受け入れの訓練が行われた。

訓練会場に誘導された各町内会の参加者らは、施設職員の体調に関する質問などに少し緊張気味に応えていた。

訓練の後、町内会ごとに班に分かれ、ワークショップ形式で訓練の振り返りを行い、移送訓練や受入訓練での気づいた点や改善できることなどを話し合い、「車いすが場所によっては移送しにくかったので、道路整備をしてほしい」などの意見が発表された。

最後に、島勝信(しま・かつのぶ)北光連合町内会会長が、訓練についての講評と訓練会場を提供した大友恵愛園への謝辞を述べ、訓練をしめくくった。

終了後、参加者らは、「移送は大変だったが、やって良かった」「さらに訓練が必要だ」など感想を述べていた。

災害時要援護者移送・受入訓練2

訓練の様子2

災害時要援護者移送・受入訓練4

訓練の様子3

訓練の様子

訓練の様子4

このページについてのお問い合わせ

札幌市東区市民部総務企画課

〒065-8612 札幌市東区北11条東7丁目1-1

電話番号:011-741-2414