• ホーム
  • 折々の手続き
  • お知らせ
  • お問合せ先
  • まちづくり
  • 施設案内

ホーム > 東区の出来事(地区ニュース) > 地区ニュース10月11日「東区民センターで「盲導犬チャリティーバザー」を開催」

ここから本文です。

更新日:2013年10月15日

地区ニュース10月11日「東区民センターで「盲導犬チャリティーバザー」を開催」

盲導犬チャリティ―バザー1

チャリティーバザーの様子1

10月11日(金曜日)、「東区女(ひと)と男(ひと)のつどい実行委員会」、東区民センター運営委員会、東区役所共催による「盲導犬チャリティーバザー」が東区民センター(北11条東7丁目)2階大ホールで行なわれ、多くの区民が会場を訪れてにぎわった。

この催しは、バザーの収益金を公益財団法人北海道盲導犬協会(南区南30条西8丁目、会長:志田泰司(しだ・やすし)に寄付し、盲導犬の育成に役立ててもらおうというもの。今回のチャリティバザーには、東区女性サークル連絡会、東区女性学級連絡会、東区食生活改善推進員協議会、東区連合町内会女性部連絡会、東区年輪の会など合計7団体が出店した。

バザーは午前11時からスタート。始まるのを待ちきれない様子で開場前から並んでいた多くの区民が、開場と同時に売り場に向かった。

この日売り出された品物は、婦人物の衣料品やバッグ、タマネギ入りスコーンなどの手作り菓子、家から持ち寄った食器などの日用雑貨、東区産タマネギなど。また、別会場では、東区食生活改善推進協議会が調理した「ひじきのおすし」などのリメイク料理を試食できるコーナーも設けられた。

会場内はどの売り場にも人だかりができ、買い物袋をいくつも抱えて会場を後にする人も見られた。

バザーには盲導犬協会から盲導犬「ウイッシュ」も参加、訪れた人々を愛嬌たっぷりに出迎えて、チャリティーバザーの看板犬となっていた。パピーウオーカーの経験があるという来場者は「盲導犬候補の子犬を家族で世話をしていたときのことを思い出します」と懐かしそうに話していた。

バザーの収益金は183,242円となり、バザー終了後に全額が盲導犬協会に寄付された。

盲導犬チャリティーバザー2

チャリティーバザーの様子2

盲導犬チャリティーバザー3

チャリティーバザーの様子3

盲導犬チャリティーバザー4

チャリティーバザーの様子4

このページについてのお問い合わせ

札幌市東区市民部地域振興課

〒065-8612 札幌市東区北11条東7丁目1-1

電話番号:011-741-2429

ファクス番号:011-722-2794