• ホーム
  • 折々の手続き
  • お知らせ
  • お問合せ先
  • まちづくり
  • 施設案内

ホーム > 東区の出来事(地区ニュース) > 地区ニュース9月21~23日「第3回たまねぎフェスタ開催!~サッポロさとらんど」

ここから本文です。

更新日:2013年9月25日

地区ニュース9月21~23日「第3回たまねぎフェスタ開催!~サッポロさとらんど」

第3回たまねぎフェスタ1

野菜の直販コーナー

9月21日(土曜日)から23日(祝日)までの3日間、サッポロさとらんど(丘珠町584番地2)にて「第3回たまねぎフェスタ」が開かれ、来場者たちが楽しいひとときを過ごした。

このイベントは、国内で初めてタマネギが栽培された札幌で、出荷量が減りながらも、そのおいしさから根強いファンに愛され続けている幻のタマネギ「札幌黄」をPRしようと「サッポロさとらんど」さとみらいプロジェクトグループが主催し、東区役所との共催により開催され、今回で3回目。

会場では、タマネギの写真パネル展や札幌黄PRコーナーのほか、札幌黄を使ったラーメンやカレー、豚汁などが販売され、来場者たちは札幌黄の歴史や美味しさに驚いていた。また、札幌黄の販売コーナーでは、手に入りにくい札幌黄を求める来場者が長蛇の列を作っていた。

一方会場の外では、クイズラリーが子どもたちの人気を集め、子ども達は歓声を上げながら「札幌黄」にちなんだクイズを探して、さとらんど内を走り回っていた。

また、毎日開催されたステージイベントでは東区のキャラクター「タッピー」とさとらんどのキャラクター「ぐんぐん」による着ぐるみショーやタマネギの重量当てコンテスト、スイカの早食い競走などが行なわれ、賞品の札幌黄などを獲得して喜ぶ参加者らの様子に、会場内は大いに盛り上がっていた。

開催期間中、天使大学学生サークルや札幌市東区食生活改善推進員協議会のメンバーによる札幌黄を使った親子料理教室も行なわれ、参加者はおいしそうなタマネギマフィンやまぜまぜジュース、オニオンスープなどを作った。

また、今回のイベント開催中、昨年発足した「札幌黄ふぁんくらぶ」の会員数が1,000人を突破、ステージ上で記念式典が行われた。1,000人目の会員となった加藤恵美子(かとう・えみこ)さんは「びっくりしました、タマネギが大好きで、札幌黄が入ったカレーをお店で食べて、札幌黄の美味しさを知りました」と話していた。

3日間のサッポロさとらんど入園者数は6万5千人。タマネギ料理を堪能し、タマネギをはじめとした農産物などを手に、来場者は一様に満足げな表情だった。

第3回たまねぎフェスタ2

スイカの早食い競争

第3回たまねぎフェスタ3

親子料理教室

第3回たまねぎフェスタ4

1,000人目のふぁんくらぶメンバー加藤さん(右)

このページについてのお問い合わせ

札幌市東区市民部地域振興課

〒065-8612 札幌市東区北11条東7丁目1-1

電話番号:011-741-2429

ファクス番号:011-722-2794