• ホーム
  • 折々の手続き
  • お知らせ
  • お問合せ先
  • まちづくり
  • 施設案内

ホーム > 東区の出来事(地区ニュース) > 地区ニュース9月18日「実りの秋~小学生が稲刈りに挑戦!」

ここから本文です。

更新日:2013年9月19日

地区ニュース9月18日「実りの秋~小学生が稲刈りに挑戦!」

25年度稲刈りの様子1

稲刈りの様子1

9月18日(水曜日)、サッポロさとらんど(丘珠町584番地2)において、本町小学校(本町2条7丁目:黒井育子(くろい・いくこ)校長、)5年生60人と、丘珠小学校(丘珠町593番地:櫻井忠(さくらい・ただし)校長)の5年生50人が稲刈りに挑戦した。

これは、社会科や総合的な学習の時間の体験学習として行なわれている。田植えから収穫までの作業や稲の成長過程などを実際に見て、触れて、学ぶもので、毎年各校の5年生児童が体験をしている。これらはもち米の稲で、春に自分たちで田植えをして成長したもの。夏の不順な天候の影響も心配されたが、今年も黄金色の稲がたわわに実った。

初めに、さとらんどの職員から今日の作業「刈り取る、しばる、運ぶ」の説明を受けた後、稲刈りに挑戦した。

早速、子どもたちは週末の雨でぬかるんだ田んぼに入り、自分の腰あたりの高さまで育った稲を、一株一株、鎌で丁寧に刈り取り始めた。初めは、泥に足をとられ、「前に進まない」などと言いながらぎこちない手つきだったが、順調に自分の担当1列分を最後まで刈り取った。刈った稲は、5株を1束にしてしばり、天日干しをして、作業は完了。

この日は晴天に恵まれ、児童らは泥まみれになりながらも楽しそうに作業を行っていた。

直接刈り取られた稲は精米され、来月、各学校に届けられる。本町小学校では12月に餅つきを行うときに使用し、丘珠小学校では、児童それぞれが家庭に持ち帰り、家族と共に味わう予定。

参加した女子児童は「いっぱい転んで泥だらけだけど楽しかった。お米が楽しみです」と笑顔で話していた。

25年度稲刈りの様子2

稲刈りの様子2

25年度稲刈りの様子3

稲刈りの様子3

25年度稲刈りの様子4

稲刈りの様子4

このページについてのお問い合わせ

札幌市東区市民部総務企画課

〒065-8612 札幌市東区北11条東7丁目1-1

電話番号:011-741-2414

ファクス番号:011-742-4762