• ホーム
  • 折々の手続き
  • お知らせ
  • お問合せ先
  • まちづくり
  • 施設案内

ホーム > 東区の出来事(地区ニュース) > 地区ニュース8月31日「ふらっとホーム2013in東区~市民と市長の2時間談議」

ここから本文です。

更新日:2013年9月4日

地区ニュース8月31日「ふらっとホーム2013in東区~市民と市長の2時間談議」

25年度ふらっとホームの様子

ふらっとホームの様子1

8月31日(土曜日)、アリオ札幌(東区北7条東9丁目)で、市民と上田文雄(うえだ・ふみお)札幌市長が市政について対話する「ふらっとホーム2013in東区」が開催された。対話者7人が参加し、傍聴者も100人以上が詰め掛けた。

「ふらっとホーム」とは、市長との対話を通じて、市政をより身近に感じ、市政への関心や理解を深めてもらうことを目的に毎年全区で開催されているもので、東区は昨年度に引き続き今年度最初の開催区。今回、全区でも初めて商業施設での開催となり、また高校生2名がふらっとホームに参加したのもこれまでに例がなく初めてのこと。

参加者の自己紹介から始まり、上田市長があいさつした後、3つのテーマ「高齢者福祉」、「除雪」、「子どもの教育・子育て」の順に意見交換が進められた。多くの傍聴者を前に、最初は緊張していた参加者も徐々に慣れ、日常生活で感じた身近な話題から、除雪した雪を運び込む場所を増やしてほしいなど率直な意見が数多く出された。幅広い年代の区民と市長が「まちづくり」について活発な意見交換を行う様子に、アリオ札幌の買い物客も足を止める姿が多く見られた。

対話の終わりに上田市長は「お話をたくさん頂戴しましたが、自分で考えた課題を自分だけのものにせずに、行政も巻き込んで周りの皆さん方と一緒に考えて行動するきっかけにしていただきたい。傍聴された皆さんも、市役所にご意見やご提案をいただき、市役所との関係をもっと密にするきっかけにしていただければうれしい」と話していた。

参加した札幌北斗高校3年生の春木要(はるき・かなめ)さんは、「市長や区長、同じ区に住んでいる方や高校生と意見を交える機会はめったにないので、すごく楽しかったです。今後の学校生活に活かしていきたい」と笑顔で満足した様子で感想を話した。

25年度ふらっとホームの様子2

ふらっとホームの様子2

25年度ふらっとホームの様子3

ふらっとホームの様子3

25年度ふらっとホームの様子4

ふらっとホームに参加された方々

このページについてのお問い合わせ

札幌市東区市民部総務企画課

〒065-8612 札幌市東区北11条東7丁目1-1

電話番号:011-741-2414

ファクス番号:011-742-4762