• ホーム
  • 折々の手続き
  • お知らせ
  • お問合せ先
  • まちづくり
  • 施設案内

ホーム > 東区の出来事(地区ニュース) > 地区ニュース8月24日子育ての祭典!「北光ピカピカ子育てフェア」開催

ここから本文です。

更新日:2013年8月26日

地区ニュース8月24日子育ての祭典!「北光ピカピカ子育てフェア」開催

スタッフ手作りの「むくむくどーむ」の下を子どもたちが駆け抜ける様子

8月24日(土曜日)、美香保小学校(北18東6)の体育館で、今年創立50周年を迎える北光連合町内会の地域住民が主体となった子育てのお祭り「北光ピカピカ子育てフェア」が開かれ、約120人の親子連れが楽しいひとときを過ごした。

このイベントは北光地区の民生委員児童委員協議会や北光連合町内会、児童会館や保育園など、子育て支援に関する団体でつくる「北光地区子育て支援ネットワーク」が主催したもの。

毎年、同地区にある札幌大谷大学短期大学部保育科の学生らもスタッフとして参加し、祭りを盛り上げている。

会場は、スタッフ手作りのエア(空気)道具「むくむくどーむ」や、おもちゃの魚を水に浮かべた「金魚すくい」、絵本コーナーなどが用意され、幅広い年齢層の子どもたちが楽しく遊べるよう工夫が凝らされていた。また、おやつの展示や保健師による健康相談のコーナーも設けられた。

今年、初開催した「ハイハイ競技」では、お母さんの手が離れた途端泣き出す乳幼児が続出し、会場を大いに盛り上げた。発表コーナーでは、札幌大谷大学の講師による親子で手軽に行なえる「親子ビクス」の実演があり、子どもたちが元気に体を動かした。札幌大谷大学の学生らで構成された「にこにこおんがくたい」による演奏では、子どもたちが曲に合わせて歌って踊る姿に来場者は目を細めた。最後は来場者全員で輪になり、毎年恒例の「アンパンマン音頭」を踊り会場内は親子の歓声や拍手が響いていた。

3歳2カ月の女児と参加した母親は「昨年に続き2回目の参加です。色々と遊べるコーナーがあり、子どもと一緒に楽しんでいます」と話していた。保護者同士で育児などの情報交換をしている姿も多く、親子が充実した時間を過ごした。

札幌大谷大学の学生が楽器を演奏する様子

北光ピカピカ子育てフェアで参加者が自由に遊ぶ様子

札幌大谷大学の講師が親子で行なえる「親子ビクス」を実演する様子

このページについてのお問い合わせ

札幌市東区市民部総務企画課

〒065-8612 札幌市東区北11条東7丁目1-1

電話番号:011-741-2414

ファクス番号:011-742-4762