• ホーム
  • 折々の手続き
  • お知らせ
  • お問合せ先
  • まちづくり
  • 施設案内

ホーム > 東区の出来事(地区ニュース) > 地区ニュース6月27日「つどーむ周辺の草刈りボランティア~東区災害防止協力会」

ここから本文です。

更新日:2013年6月28日

地区ニュース6月27日「つどーむ周辺の草刈りボランティア~東区災害防止協力会」

25年度草刈りの様子1

6月27日(木曜日)、東区内の建設会社65社で構成する「東区災害防止協力会」(安田謙一(やすだ・けんいち)会長)が、つどーむ(札幌市スポーツ交流施設:栄町885番地ほか)前を通る篠路通沿線(丘珠川沿い)約1.5キロメートルの環境美化に貢献しようと、毎年恒例の草刈り、ごみ拾いを行なった。

この協力会は、昭和47年に組織され、市の災害防止復旧活動に協力している団体。災害発生に備えての日ごろの出動訓練や、区の防災訓練における物資輸送のほか、さっぽろ雪まつりへのボランティア参加や、福祉除雪、防犯活動「こども110番」への協力など、地域活動にも積極的に参加している。

この日は雨が降るあいにくの天気の中、午前9時前からつどーむ駐車場に、協力会のボランティア作業員138人とトラックが次々に集合。作業に先立ち、安田謙一会長が「いざという時のために各自連携を深め、地域の方が安心して散策できるように作業してください。またあいにくの天気で足元が滑りやすいのでけがをしないように注意してください」とあいさつし、続いて添田伸一(そえだ・しんいち)東区土木部長が「日ごろから地域へのボランティア活動や安心安全の街づくりにご協力いただき、感謝しております。今日は、けがのないよう安全に作業してください」と激励した。その後、ヘルメット、手袋、安全チョッキを身にまとった作業員たちはいくつかのグループに分かれ、作業を開始。草刈機を持った作業員は、軽やかなエンジン音を響かせながら、1メートル以上にも伸びた雑草を豪快に刈り払い、くま手やほうきを持った作業員は、狩り払われた大量の雑草を手際よく寄せ集め、トラックに次々と積み込んでいった。

正午ころに作業が終了した時点で、刈り取った雑草の量は4トンダンプ25台分にも達した。

25年度草刈りの様子2

25年度草刈りの様子3

25年度草刈りの様子4

このページについてのお問い合わせ

札幌市東区土木部維持管理課

電話番号:011-781-3521

ファクス番号:011-784-6418