• ホーム
  • 折々の手続き
  • お知らせ
  • お問合せ先
  • まちづくり
  • 施設案内

ホーム > 東区の出来事(地区ニュース) > 地区ニュース5月31日「地域の魅力を発見!『東区発見ツアー~歴史的施設編』」

ここから本文です。

更新日:2013年6月3日

地区ニュース5月31日「地域の魅力を発見!『東区発見ツアー~歴史的施設編』」

札幌村郷土記念館

東区の歴史の説明(札幌村郷土記念館)

5月31日(金曜日)、屋外講座「東区発見ツアー~歴史的施設編」が開催された。

これは、東区の魅力をあらためて発見してもらい、自分の住む地域への愛着を深めてもらおうと、東区民センター(北11条東7:浅野輝雄(あさの・てるお)館長)が企画したもの。東区民など17人が参加したこの企画は、例年秋に開催される「産業・施設編」と合わせて今回で6回目。

この日は晴天に恵まれ、参加者は午前9時に東区民センターからバスで出発。最初に訪れた札幌村郷土記念館(北13条東16)では、記念館職員から東区の歴史について説明を受けた後、さまざまな古道具や資料などが展示された館内を見学した。

次に、雪印メグミルク酪農と乳の歴史館(苗穂町6丁目)に到着、酪農・乳業の歴史やチーズバターなどの製造工程について説明を受けた。その後、北海道鉄道技術館(北5東13)で、北海道の鉄道の歴史などを見学した。昼食後には福山醸造(株)(苗穂町2)でしょうゆの製造工程を説明を受けながら見て回った。参加者は「しょうゆが出来上がるまでの、さまざまな香りが楽しめました」と興味深そうに話していた。

最後に訪れたサッポロビール博物館(北7東9)では、日本のビール産業史やビールの製造工程について説明を受けた後、ビールの上手な注ぎ方について学んだ。博物館スタッフが実演でビールをグラスに注ぎ、きめ細かい泡を作ると、参加者から拍手と歓声が上がった。

参加者は「長年東区に住んでいても、このような施設を見学する機会があまりなかったので、とても楽しめました」「東区には魅力的な施設が多いですね。秋のツアーもぜひ参加したいです」などと大満足な様子で話していた。

福山醸造

しょうゆの製造工程の説明(福山醸造)

サッポロビール博物館

ビール史についての説明(サッポロビール博物館)

このページについてのお問い合わせ

札幌市東区市民部総務企画課

〒065-8612 札幌市東区北11条東7丁目1-1

電話番号:011-741-2414

ファクス番号:011-742-4762