• ホーム
  • 折々の手続き
  • お知らせ
  • お問合せ先
  • まちづくり
  • 施設案内

ホーム > 東区の出来事(地区ニュース) > 地区ニュース3月12日「講演会『2011・3・11における東日本大震災の被災状況 災害支援と復興支援』を開催」

ここから本文です。

更新日:2012年3月14日

地区ニュース3月12日「講演会『2011・3・11における東日本大震災の被災状況 災害支援と復興支援』を開催」

「2011・3・11における東日本大震災の被災状況、災害支援と復興支援」の様子

講演会の様子

3月12日(月曜日)、東区民センター別館・村川ビル2階集会室(東区北10条東7丁目)で、講演会「2011・3・11における東日本大震災の被災状況、災害支援と復興支援」が開催され、区内の福祉施設の職員や民生・児童委員など、約80人が参加しました。

現在東区では、災害時に通常の避難所(学校体育館など)での生活を送ることが困難な要援護者(高齢者・障がい者など)が安心して生活できるよう、「医療、福祉施設を活用したネットワーク構築事業」に取り組んでおり、この講演会はその一環として開催されました。講師には、東日本大震災の際に在宅の要介護高齢者を受け入れた経験のある、社会福祉法人・仙台市社会事業協会・高齢者総合福祉施設・仙台楽生園ユニットケア群・総括施設長・佐々木薫(ささき・かおる)さんを招きました。

冒頭で、東区役所保健福祉部による「医療、福祉施設を活用したネットワーク構築事業」概要の説明、平成23年度の活動報告が行われた後、佐々木さんによる講演が開始しました。被災地の写真やデータをもとに東北3県の被災状況、自身の施設の被害状況、避難者の受け入れ状況などを報告しました。また、災害時における法人、介護派遣職員の心構えやさまざまな支援の在り方、課題等が示され、実体験に基づく講演に、参加者らは皆真剣なまなざしで話に聞き入っていました。

最後に「いつ大きな災害が起こるかわかりません、今から準備をしていく事が大切です。また、災害時には、さまざまな関係団体が垣根を越えて協力し、オールジャパンで支援することが大切だと思います」と講演を閉め、参加者らの盛大な拍手のもと講演会が終了しました。

講師の佐々木さん

講師の佐々木薫さん

被災地で支援物資を配布している様子のスライド

被災地で支援物資を配布している様子のスライド

このページについてのお問い合わせ

札幌市東区市民部総務企画課

〒065-8612 札幌市東区北11条東7丁目1-1

電話番号:011-741-2414

ファクス番号:011-742-4762