• ホーム
  • 折々の手続き
  • お知らせ
  • お問合せ先
  • まちづくり
  • 施設案内

ホーム > 東区の出来事(地区ニュース) > 地区ニュース1月16日

ここから本文です。

更新日:2012年1月17日

地区ニュース1月16日

竹スキー作成風景

雪まつりつどーむ会場で貸し出す竹スキー製作スタート!

1月16日(月曜日)、東区札苗地区の町内会や商店街などでつくるモエレまちづくり委員会の「竹スキー製作プロジェクトチーム」(齋藤弘業代表:さいとう・ひろなり)のメンバーが、さっぽろ雪まつり開催を前に、地元の札苗小学校(古谷壽朗校長:こたに・としろう)で、会場で貸し出す竹スキー製作を開始しました。

この取り組みは、さっぽろ雪まつり第2会場が「さとらんど」に移ってきたことを契機に、モエレまちづくり委員会が昔ながらの手作り竹スキーで来場者をもてなそうと、平成18年から竹スキーコーナーを運営しているものです。

この日、メンバー10人が製作に参加しました。地元造園業者を通じて集めた正月の門松用の竹を再利用し、同じ長さと幅に切り分け、湯に入れて柔らかくした後、木型にはめてゆっくりと曲げ雪で冷やし紐をつける作業を行いました。これまで多くの竹スキーを製作してきたメンバーは、手際よく用意された竹を次々に曲げていきました。

参加したメンバーは「子どもたちに、ものを大切にすること、手作りしたもので遊ぶ楽しさを伝えたい」「地元の方々や企業、老人クラブから子どもたちまで幅広く協力してもらい、皆で雪まつりつどーむ会場を盛り上げていきたい」などと笑顔で話していました。今後も日曜日を除いて毎日竹スキー製作を行い、雪まつり開幕までに1,200セットを製作します。

なお、竹スキー製作プロジェクトチームは、札苗小学校(1月24日)、札苗北小学校(1月25日)で、児童向けに竹スキーづくり体験学習を実施する予定です。

このページについてのお問い合わせ

札幌市東区市民部総務企画課

〒065-8612 札幌市東区北11条東7丁目1-1

電話番号:011-741-2414

ファクス番号:011-742-4762