• ホーム
  • 折々の手続き
  • お知らせ
  • お問合せ先
  • まちづくり
  • 施設案内

ホーム > 東区の出来事(地区ニュース) > 地区ニュース10月27日

ここから本文です。

更新日:2011年10月31日

地区ニュース10月27日

地域の方の戦争体験を聞こう~美香保小学校

平和事業

 

10月27日(木曜日)10時40分から美香保小学校(東区北18条東6丁目高橋正明(たかはし・まさあき)校長)で「東区平和事業・地域の方の戦争体験を聞こう~美香保小学校」が開催されました。

この催しは、戦争体験の風化が懸念される現在、戦時中の厳しさや苦しさを体験した人々の話を記録するとともに、体験者と次世代を担う子どもたちとが平和について考える機会を設けるものとして、平成20年度から札幌市が実施する「平和事業」の一環として行われたものです。

この日は、同校の6年生100人が校内の視聴覚室に集まり、東京の空襲から逃れ、札幌へ移住された東区在住の紺野(こんの・つとむ)さん(83)から当時の話を聞きました。

紺野さんからは、自分が東京の軍需工場で働いていたとき、米軍の戦闘機がきて防空壕に入って難を逃れた時の様子や、空襲から逃げる際の周りの様子などの話に、児童たちはじっと耳を傾けていました。

紺野さんは「戦争では、たくさん空襲に遭い、東京は何もかも燃えてしまって、一面焼け野原になった。最小限の家財道具を持って家族とともに空襲を避けようと暗い方暗い方に逃げて生き延びた。皆さんは想像できないかもしれませんが、平和の大切さを少しでも感じてください」と話し、戦争体験談を締めくくりました。

最後に、児童から、「貴重なお話ありがとうございました」といった感想が述べられ、盛大な拍手が送られました。

 

東区の出来事(地区ニュース)へ戻る

このページについてのお問い合わせ

札幌市東区市民部総務企画課

〒065-8612 札幌市東区北11条東7丁目1-1

電話番号:011-741-2414

ファクス番号:011-742-4762