• ホーム
  • 折々の手続き
  • お知らせ
  • お問合せ先
  • まちづくり
  • 施設案内

ホーム > 東区の出来事(地区ニュース) > 地区ニュース9月16日

ここから本文です。

更新日:2011年9月16日

地区ニュース9月16日

幻のタマネギ「札幌黄(さっぽろきぃ)」を知っていますか?~「札幌黄」のパンフレットを作成~

札幌黄

東区が日本におけるタマネギ栽培の発祥地であることにちなんで、東区役所では幻のタマネギと言われている在来種「札幌黄(さっぽろきぃ)」を区民に知ってもらおうと、ミニパンフレットを作成した。

「札幌黄」は、クラーク博士の後任として札幌農学校で教鞭をとったウイリアム・ブルックス博士が故郷の米国マサチューセッツ州から持ち込んだ「イエロー・グローブ・ダンバース」が起源と言われている。戦前には、札幌で栽培されるタマネギのほとんどが「札幌黄」であり、ロシアやフィリピンへ輸出するほどだったが、昭和50年ごろから、病気に強く品質が安定している交配種(F1)を育てる農家が増え、「札幌黄」の作付面積は年々減少、今では札幌市のタマネギ全体の約3%の面積(約10ヘクタール)しか栽培されていない(平成22年札幌市経済局農政課調べ)。
しかしながら、「札幌黄」は、肉厚で柔らかく甘みも強いことから、食通の人たちには高い人気を誇っており、収穫期にはすぐに売り切れてしまうため、「幻のタマネギ」と呼ばれている。
平成19年には、「食の世界遺産」と言われる、スローフード協会国際本部の「味の箱舟」にも認定された。

このたび作成したパンフレットは「札幌黄」の紹介のほか、タマネギに関する「豆知識」なども掲載。タマネギの形の2色刷りで計3,000部作成した。17日(土曜日)~19日(祝)にサッポロさとらんど(東区丘珠町584)で開催される「たまねぎフェスタ」で配布する予定。

 

 

 

東区の出来事(地区ニュース)へ戻る

このページについてのお問い合わせ

札幌市東区市民部総務企画課

〒065-8612 札幌市東区北11条東7丁目1-1

電話番号:011-741-2414

ファクス番号:011-742-4762