• ホーム
  • 折々の手続き
  • お知らせ
  • お問合せ先
  • まちづくり
  • 施設案内

ホーム > 東区の出来事(地区ニュース) > 地区ニュース1月19日

ここから本文です。

更新日:2011年2月25日

地区ニュース1月19日

サッポロビール博物館周辺でスノーキャンドル作り

サッポロビール博物館周辺でスノーキャンドル作り

17日、サッポロビール博物館周辺(札幌市東区北7条東9丁目)で「冬のまちにスノーキャンドルの灯りをともそう!2009」が開かれた。
このイベントは、市民グループ「公園ねっとわーく(代表:中村佳子(なかむら・よしこ))」の呼び掛けによって開催されたもの。
スノーキャンドルをともして、雪に閉ざされがちな冬の公園や広場を活用するとともに、14年前の1月17日に阪神・淡路大震災で被災した人たちをしのび、冬の災害について考えるきっかけになればと、2003年から行われている。
今年も市内各地の公園などで、地域の人たちの手によってキャンドルの灯りがともされた。
この日、サッポロビール博物館周辺では、北海道遺産でもある同博物館を雪灯りで囲もうと、周辺でアマやホップの植栽活動を行っている市民グループ「AMA(アマ)サポーターズ倶楽部(代表:走川貴美(はしりかわ・よしみ))」のメンバーを中心に、バケツに雪を詰めてかたどるなどの作業を1時間半ほど繰り返した。
16時30分ころから、園路沿いに整然と並べられたスノーキャンドルに灯りがともされ、キャンドルの光で彩られた幻想的な世界が広がると、多くの買い物客や観光客の目を引いた。
スノーキャンドルづくりに参加した親子連れは「子どもが雪あそびが大好きなので参加しました。灯りがともると、とてもきれいですね」と、うれしそうな表情で話していた。

地区ニュースページに戻る

ようこそ東区トップページに戻る

このページについてのお問い合わせ

札幌市東区市民部総務企画課

〒065-8612 札幌市東区北11条東7丁目1-1

電話番号:011-741-2414

ファクス番号:011-742-4762