• ホーム
  • 折々の手続き
  • お知らせ
  • お問合せ先
  • まちづくり
  • 施設案内

ホーム > 東区の出来事(地区ニュース) > 地区ニュース12月8日

ここから本文です。

更新日:2011年2月25日

地区ニュース12月8日

新しい仲間の輪を広げよう!~ひがしく交流まつり開催

新しい仲間の輪を広げよう!~ひがしく交流まつり開催

12月6日、東区民センター(札幌市東区北11条東7丁目)で「ひがしく交流まつり」が初めて開催された。
「遊ぶ」、「観る」、「食べる」、「知る」をキーワードとし、地域住民や東区内の各団体の交流や活動の輪を一層広げることを目的とするこのまつりは、東区連合町内会や東区社会福祉協議会、札幌大谷大学など10団体と協力して東区役所が主催したもので、この日は、東区のさまざまな分野で活動している30団体、340人を超える人がまつりの運営やステージ発表に参加した。
悪天候にもかかわらず各コーナーの来場者数は延べ4,700人を超え、地域の関心の高さをうかがわせた。飯塚和惠(いいづかかずえ)東区長が「これほど大きな規模で、さまざまな分野の団体が一堂に会しての催しは過去に無かったのではないだろうか。ご来場いただいた皆さん、このまつりの運営に協力してくださった皆さんに大変感謝したい」と挨拶、札幌吹奏楽団の演奏で華やかにスタートした。
会場では射的・スマートボールなどのゲームや簡単な工作を楽しめる「わんぱく広場」や幼児向けの絵本の読み聞かせコーナー、各地域の高齢者サロンが日頃取り組んでいる活動を紹介・発表する「交流サロン」など創意工夫をこらしたさまざまなイベントが開催され、子どもからお年寄りまで楽しめるお祭りとなった。また、さっぽろ村ラジオの協力による子どもラジオ局が設置され、会場の様子を実況。小学生がディスクジョッキーとなり、イベント情報を紹介したり来場者へのインタビューに挑戦した。
大ホールでのステージイベントではアイヌ舞踏やジャズ演奏、中沼龍神太鼓の会による太鼓演奏などが披露され、札幌市指定無形文化財の丘珠獅子舞が祭りのフィナーレを飾った。
力強く、迫力ある太鼓の音色や、獅子の勇壮な舞を堪能した来場者から惜しみない拍手が送られていた。

地区ニュースページに戻る

ようこそ東区トップページに戻る

このページについてのお問い合わせ

札幌市東区市民部総務企画課

〒065-8612 札幌市東区北11条東7丁目1-1

電話番号:011-741-2414

ファクス番号:011-742-4762